渋谷慶一郎最新作は伊勢谷友介監督作品の音楽、ヴォーカルは太田莉菜

写真拡大

 先鋭的な電子音響作品を発表している渋谷慶一郎が2月15日に、モデル・女優として活躍する太田莉菜(おおた りな)をヴォーカルに迎え、新曲「サクリファイス」をリリースする。作詞は渋谷と菊地成孔による共作。伊勢谷友介が監督を務める最新映画「セイジ 陸の魚」のイメージソングとして製作された。

渋谷慶一郎と太田莉菜がタッグの画像を拡大

 映画「セイジ 陸の魚」は、TBSドラマ「Spec」や映画「死なない子供 荒川修作」などで音楽を担当してきた渋谷が音楽監督を担当する最新作。「カクト」で監督デビューした伊勢谷友介の9年ぶりの作品で、太宰治賞作家・辻内智貴のロングセラー小説「セイジ」を原作に、西島秀俊や森山未來ら豪華俳優陣を迎えて製作された。初めて公開された第24回東京国際映画祭では即日完売となるなど、2012年2月18日より全国の映画館で公開予定となっている。

 渋谷慶一郎 feat.太田莉菜による「サクリファイス」の原曲は、「セイジ 陸の魚」のメインテーマ曲。プロデュース、作曲、アレンジを渋谷、作詞は音楽家の菊地成孔とともに行った。CDにはエレクトリックな仕上がりのメイントラックと、対照的なノンエディットのピアノ+ヴォーカルバージョン、渋谷のスタジオでピアノと太田莉菜のヴォーカルのみでレコーディングしたサクリファイス インストゥルメンタル バージョン、渋谷自身によるダブミックスの全4曲が収録されている。また2月初旬の公開予定のPVはPARTYの伊藤直樹と清水幹太が制作。CDジャケットやアーティスト写真は鈴木心が撮り下ろし、ヘアメイクはヘアメイクアーティストの加茂克也が担当するなど製作には豪華スタッフが集結している。