【ネットトレンド】【懐かしいゲーム特集】「A列車で行こう」

写真拡大

森田芳光監督を偲んで

(画像:amazon.co.jpより)
©アートディンク

2011年12月20日に逝去なされた森田芳光監督。来年3月公開予定の「僕達急行 A列車で行こう」という映画が遺作となってしまいました。

私は「A列車で行こう」という映画のタイトルを見て、あるゲームを思い出してしまいました。その名も「A列車で行こう」!

「A列車で行こう」は1985年にアートディンク社からリリースされたシミュレーションゲームです。

ゲーム内容としては鉄道会社を運営していき資金を獲得し目的地までA列車を到達させることを目的にした内容です。

特に無茶苦茶なのは鉄道を玉砕させて道を作り出すという荒業を使用するという点です。流石に鉄道事故になるだろうと当時思いました。

ちなみに「A列車で行こう」はシリーズを重ねるごとに鉄道経営シミュレーションの性質が強くなっていき、最新作ではA列車自体が無くなっています。

ときどき思うのですが、ただぼんやりと鉄道が動いているのを眺めているのは楽しい。環境ゲーム的なニュアンスでも本作を楽しめてしまいます。


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク
A列車で行こうDS ナビゲーションパック

■関連記事
キリンビバレッジ、「キリン 午後の紅茶 ティーグルト 朝のシャキッとアップル」を発売
ジャニーズ事務所から小説家誕生 NEWS・加藤シゲアキ、渾身の処女作『ピンクとグレー』 2012年1月28日に電子書籍版もBOOK☆WALKERにて同時発売決定
【ニコニコ動画】おそロシアシリーズ「全露がドン引き、笑いすぎる男」
【YouTube】ブランコは1回転できるのか?
【訃報】音楽家の上野智代さんが事故死