産労総合研究所の「育児・介護支援制度の最新実態」の2011年度調査によると、育児休業の最長期間は企業規模による差が大きく、大企業の6割は法定を上回る期間を設定していることが分かった。

 法定の育児休業期間は、原則、子どもが満1歳に達するまでとなっているが、実際に企業が定めている育児休業期間の最長期間を聞いたところ、法定通りとする企業は約8割(77.3%)となっている。

 企業規模別に見ると、中小・中堅企業では9割近くが法定通りとなっているが、従業員1000人以上の大企業では、約6割(59.0%)が法定を上回る育児休業期間を設定している。

 育児休業期間中に月例賃金を支給している企業は5.6%(大企業16.7%)で、ほとんどの企業では支給していない。

 育児短時間勤務制度の定め方では、法定の原則である6時間のみの企業が55.4%、それ以外の勤務シフトがある企業は44.6%となっている。

 調査は、同研究所会員企業を対象に、7〜8月に実施し、251社から回答を得た。

「子育てサポート企業」の認定数が1000社を超える、前年から201社増加
育休取得率 男女ともに低下
働く女性が過去最多、医療・福祉分野で雇用が増加

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。