全国求人情報協会がまとめた11月分の「求人広告掲載件数等集計結果」によると、求人メディア全体の広告掲載件数は53万765件(前年同月比10.4%増)で、20カ月連続で増加した。前月まで5カ月連続で20%を超える伸び率を記録していたが、伸び率は鈍化した。

 求人広告掲載件数をメディア別に見ると、有料求人情報誌5万4553件(同0.9%減)、フリーペーパー19万7087件(同16.4%増)、折込求人紙7万7589件(同17.4%増)、求人サイト20万1536件(同5.9%増)。有料求人情報誌が前年同月を下回るのは2010年6月以来。

 地域別に見ると、北海道・東北3万1521件(前年同月比12.6%増)、関東・甲信越11万6110件(同12.7%増)、中部・北陸4万4749件(同12.0%増)、近畿6万1699件(同4.6%増)、中国・四国2万3858件(同22.7%増)、九州・沖縄5万1292件(同25.1%増)。九州だけが前月の伸び率を上回った。

リーマン・ショックから3年 人材業界はどう変わったか〜「グローバル」「専門性」「マスから個」の採用ニーズに応えるには
新成長を目指す人材戦略〜変質する人材採用のルール
人材採用の専門誌が評価する「人材コンサルティング会社」

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。