昨日の「ベスト・ドレッサー2011」に続き、本日はその対極に位置する「ワースト・ドレッサー2011」をご紹介!

スヌーキー
まずはワースト・ドレッサー界のMVP(?)的なこのお方。MTVのリアリティー番組『Jersey Shore 〜マカロニ野郎のニュージャージー・ライフ〜』の中心的存在の彼女は、今年10月にラスベガスで行なわれた自分の著書のサイン会にアニマル柄のブーツ、黒のミニドレス(ヘムラインはやっぱりアニマル柄...)、そして頭にもアニマル柄のほっかむり(失礼!)という、泣く子も黙るいでたちで登場。時期的に「ハロウィンを意識したのかな?」なんて思ってみたりもしましたが、本人にとってはそうではなかったようです。

サラ・ジェシカ・パーカー
「サラ、いつの間にオシャレ番長の名を返上しちゃったの?」と聞きたくなるファッションで、パーティーに現れたサラ・ジェシカ。アイスブルーのロングドレスに、青の長すぎるチョッキ(!?)という格好なのだが、寸法間違えちゃった感も否めず。最近では「ファッションにはあまりこだわらない」的なことも言っていたし...。

オードリーナ・パトリッジ
ローレン・コンラッドやハイディ・モンタグも出演していたカリフォルニア発、オサレ系リアリティー番組『ザ・ヒルズ』出身のオードリーナ。赤のチューブドレスに、胸元には白のフェイクファーらしきものがあしらわれております。申し訳ないのですが、どう見てもバドガール(バドワイザーの広告モデル)のクリスマス衣装にしか見えません。ハロウィンの仮装としてはイケてますが、ファッションのイベントでこれを着ちゃったのはちょっとマズかった気もします。

ちなみに<Stylelist>の読者投票では、ワースト・ドレッサー候補としてスヌーキー、レディー・ガガ、そしてメアリー=ケイト・オルセンのお3方が登場。2011年12月22日現在の結果は、スヌーキーが40%、ガガが39%、そしてメアリー=ケイトが21%となっている。

「ワースト・ドレッサー2011」はこちらのフォトギャラリーからどうぞ。「わかりました。もう、あなたにはかないません!」的なスゴいファッションをお楽しみください!

ワースト・ドレッサー@アカデミー賞授賞式
レッドカーペットで肌を出しすぎ(マライア・キャリー)、ひどいヘアスタイル(ティナ・フェイ)、ソツがなくてつまらない(クリステン・スチュワート)、ジュエリー付け過ぎ(キャシー・アイルランド)...など