12月1日に発売された『新明解国語辞典 第七版』(三省堂)をもとにしたクイズ番組がTBSで放送されることが明らかになりました。番組名は、「クイズ!新明解国語辞典」。

 同辞書の特徴は、語句を説明する「語釈」がユニークなこと。例えば、2011年の世相を1字で表す今年の漢字「絆」を新明解国語辞典でひいてみると、次のように書いてあります。

 【絆】何らかのきっかけで生じた、今まで比較的疎遠であった者同士の必然的な結び付き。「学校と家庭を結ぶ――/現代のペルー人とその祖先との――を深める/日欧間の――〔=修好〕を深める/平和への――〔=連帯〕を強める」 ※一部省略

 思わずツッコミを入れたくなった人もいるのではないでしょうか? 「」の中で用例を4つ紹介していますが、明らかに2番目の「現代のペルー人とその祖先との――を深める」は他の3つに比べ、毛色が違います。「新明界国語辞典は、ペルー人と何か関係が深いのだろうか......」と思わずいろいろと考えてしまいます。

 しかし、新明解国語辞典の初版の序文には、次のような心意気が書かれています。「辞書は、引き写しの結果ではなく、用例蒐集と思索の産物でなくてはならぬ」。つまり、初版から一貫してこの考え方を貫き通しているため、普通の辞書には見受けられない用例を多く見つけることができるのです。

 そんな個性的な新明解国語辞典を使ったクイズ番組。いったい、どのような内容なのか、気になるところです。

【番組データ】
番組名/「クイズ!新明解国語辞典」
放送日/12月28日24時54分〜25時54分(=12月29日0時54分〜1時54分)
司会/村上信五(関ジャニ∞)
進行/田中みな実(TBSアナウンサー)



『日本で一番売れている国語辞典がクイズ番組に 12月28日深夜に放送』
 著者:
 出版社:三省堂
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『「いまどきのいい女」が、ジャズに走る理由』(2011年12月16日21:00)
『ツイッターも使い方次第では天国と地獄?』(2011年12月16日09:00)
『「マイナー感」で14歳以下の人気をもつかんだガンダムシリーズ』(2011年12月15日08:45)


■配信元
WEB本の雑誌