いよいよ新年0時から実施される首都高の新料金。正直、高くなるのか安くなるのかよく分からないので、まずは首都高のHPで料金検索してみよう

写真拡大

 平成24年1月1日午前0時、首都高が距離別料金へと移行する。現行の東京線700円、神奈川線600円、埼玉線400円(いずれも普通車)という料金圏が廃止され、ETCを利用して通行するクルマは、原則としてこの区間が「初乗り500円、最大料金900円」となる。

 この改革の意義と目的は、利用者間の料金負担を公平にするとともに、短距離でも利用しやすくして交通渋滞解消の一助にしよう、ということ。以下がその基本料金だ(ETCをつけた普通車の料金)。

・0km〜6.0km以下 500円
・6.0km超〜12.0km以下 600円
・12.0km超〜18.0km以下 700円
・18.0km超〜24.0km以下 800円
・24.0km超 900円
※現金車は900円(入口料金所で徴収)

 これに加え、いくつかの割引制度が平成26年3月31日までの期限付きで実施され、一方で特定区間割、日祝割&平日夜割が廃止されることになる。

 今までの均一料金と比較するとやや複雑な気もするが、利用者にとって最大の関心事は、自分が普段利用している区間の料金が、はたして値上げになるのか、値下げになるのかという点だろう。

 なんといっても最大の恩恵を受けるのは、3料金圏を乗り継ぐルート。これまではそれぞれの料金圏で個別に払わねばならなかったので、たとえば横浜市南部に住む人が「さいたまスーパーアリーナ」のイベントに行こうとした場合、神奈川600円+東京700円+埼玉400円の合計1700円がかかっていた。ところが新しい料金体系では「最大料金900円」が適用されるので、800円の値下がりとなる。

 一方で、同一圏内で18.0kmを超えるルート、たとえば新宿線の高井戸から小松川線の一之江へ向かった場合、走行距離は27.7kmとなり最大料金が適用されるため900円となる。つまり現行から200円の値上げだ。

 ほかにも、中央道や東名高速などNEXCOの管理する道路との乗継では新たな割引が導入されるので、遠出をする際には割安感を実感できるかもしれない。乗ってから「いくらになるんだ?」と悩まないために、首都高HP【http://www.shutoko.jp】で料金検索しておくといいだろう。

(取材/植村祐介)

【関連記事】
日本の2世帯に1世帯が保有する軽自動車。「ミラ イース」ヒットで若者の自動車離れを食い止めるか
低燃費タイヤを長期テスト!都心では伸び悩むも、高速は……!?
エネルギー不足はまだまだ続く!?クルマ政策にも大胆な改革を
“安くて燃費がいい”だけじゃない。走りも楽しい新型「ヴィッツ」
フィット ハイブリッド発売でいちばん割を食うのは……?