次世代ゲーム機『PSVita』は在庫だらけ? 特に3Gモデルは大量在庫

写真拡大

2011年12月17日に発売された、ソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯型次世代ゲーム機『PSVita』(プレイステーション・ヴィータ)。発売前日から多くの人たちが家電量販店や玩具店に並び、テレビや新聞でもそのようすが報じられた。

しかし、在庫がなくなるほど売れたかといえば「否」である。一時的に入荷待ちになることはあったものの、「絶対に手に入らないほどの人気ぶり」とはなっておらず、特に3Gモデルの『PSVita』は多くの店舗で在庫があるようである。しかも、かなりの数の在庫が……。

実際に東京都内の家電量販店で在庫数を聞いてみたところ、WiFiモデルに関してはやや在庫が減ってきたものの、3Gモデルに関してはかなりの在庫数があるという結果となった。ちなみに、WiFiモデルは品切れになっている店もあったが、また週末までに大量入荷するという。

しかし、その入荷数は「いまどれだけ売れているか」によるらしく、売れ行きによってはあまり発注しない可能性もあると語っていた。とにかく、今のところあせらなくても手に入る状況にあるようだ。

ゲームライターのIKA-X氏に「どちらの『PSVita』を買えばいいか?」と聞いてみたところ、「絶対に3Gモデルをオススメする。ネットができないがために困ることもあるだろうし、ところ構わず遊べる事を考えると3Gモデル一択でしょう。そもそも、GPS等の機能がないんだしWiFiモデルは不完全の劣化ハードだよ」とコメントしていた。

写真: RocketNews24.