今年もさまざまなファッションで私たちを楽しませてくれたセレブ。ファッション・サイト<Stylelist>が選んだベスト・ドレッサー40人の中から、特にセンスが光っていたセレブをピックアップ!

【2011年のベスト・ドレッサー】
カーラ・ブルーニ
今年の秋に女の子のママになった仏サルコジ大統領夫人のカーラ。妊娠初期だった今年5月には、白のワンピース&黒のコートとヒールというシンプルなスタイルを元スーパーモデルならでは(?)のスタイルで着こなしていた。写真はこちらから。

マドンナ
今年は監督作品『W.E.』をベネチア国際映画祭で披露するなど、歌手以外にも活躍の場を広げていたマドンナ。5月にはコスチューム・インスティトゥート・ガラにステラ・マッカートニーのブルーのドレスを着て登場した。色あいやデザインはやや異なるが、『W.E.』のプレミアでもVionnet(ビオネ)の薄いブルーに赤の蝶をあしらったユニークなドレスに身を包んでいる。

ロージー・ハンティントン・ホワイトレイ
ミーガン・フォックスに代わり、ハリウッドの超大作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の新ヒロインに選ばれたロージー。ヴィクトリアズ・シークレットのモデルを務めていただけのこともあってか、何を着てもOKな感じ。詳しくは下のフォトギャラリーをチェック!

キャサリン妃
今では英国王室の一員となったこともありますが、昔からいわゆる"お嬢様ファッション"が多かったキャサリン妃。ロイヤル・ウエディングでの清楚なドレス姿しかり、公務での控えめなファッションしかり、スレンダーなスタイルで見事に着こなしているのが選ばれた理由。でもこのファッション・ギャラリーでは"若気の至り"的な姿もあったりして...。

アマンダ・セイフライド
自身の最新作『TIME/タイム』のLAプレミアに、ネパール出身の男性デザイナー、プラバル・グルンのユニークな色遣いのドレスで登場したアマンダ。ヒカリモノが似合う彼女のスーツ姿はこちらからどうぞ!

上記のセレブ・ファッションを含む、40人の豪華フォトギャラリーは、コチラをチェック。あなたが選ぶベストドレッサーは誰ですか?

ベスト・ドレッサー@今年のアカデミー賞授賞式
エイミー・アダムス(ローレン・スコット)、ナタリー・ポートマン(ロダルテ)
ミラ・クニス(エリー・サーブ)、ハル・ベリー(マルケッサ)
ミシェル・ウィリアムズ(シャネル)、グウィネス・パルトロウ(カルバン クライン)
ケイト・ブランシェット(ジバンシィ)、ジェニファー・ローレンス(カルバン クライン)
マンディ・ムーア(モニーク・リュイリエ)、ヘイリー・スタインフェルド(マルケッサ)