弔問外交

写真拡大

北朝鮮の金正日総書記の遺体の映像がきのう20日(2011年12月)公開された。ガラス張りの棺に中で深紅の布に覆われた様は、クレムリンのレーニンを思わせる。その前で一礼する後継者の金正雲氏。北朝鮮に新しい時代は来るのか、亡霊は生き続けるのか。「モーニングバード」は拉致問題に焦点を当てた。

被害者団体「政権交代が最後のチャンス」

1977年に米子市で失踪した松本京子さん(当時29歳)について、 被害者団体は「拉致」と認定したが、北朝鮮は認めていない。母・三江さん(88) は「わしが元気なうちに帰らしてもらえたら、あの子も喜ぶし、私もお父さんとこへ行けますけど、あの子を残していけませんわ」と話す。 いま、毎日デイサービスに通っている。京子さんが残した片方だけのサンダルを大事に持っている。

東京・文京区の短波放送「しおかぜ」は、金正日の死去を受けて内容を変えた。「拉致をされた皆さん、自らの意志で北朝鮮に渡っても帰ることができなくなった皆さんには、大きな転機が近づいています」と呼びかけている。

特定失踪問題調査会の荒木和博代表は「このチャンスを逃したら次のチャンスが来るかどうかわからない。何とかして救出の実現につなげたい」という。みな、今の状況を働きかけの好機と見ているが、手がかりがない。

経済支援とバーターで連れ戻せ

北朝鮮とのルートは6か国協議、中国の仲介、直接接触の3つだ。コリア・レポートの辺真一編集長は6か 国協議も中国も動かない以上、直接交渉しかないという。ではだれがどのように動けるのか。

平沢勝栄・衆院議員は「経済支援を引き換えに交渉すれば可能性がある。交渉はたとえば元総理とかね」と話す。辺さんは「小泉さんなら」ともいう。ただ、向こう側が正雲になるかどうか。また正雲は決断ができないだろうともいう。行政でも党務でも実績があまりにも少ないからだ。

となると、後見人といわれる総書記の妹の金慶喜、その夫の張成沢あたりがカギとなる。辺さんは2人が経済再建の中心人物だからという。「制裁は反発を招くだけ。拉致問題が解決すれば、経済支援の用意があることを伝えないといけない」という。

この問題は相手よりも、むしろこちら側のつもりが問われるところかもしれない。

東ちづる(俳優)「日本政府がいつかこの日が来るということを、どう考えているのかが大切。それに正雲の人となりが見えてこない」

司会の赤江珠緒「弔問外交の方は?」

辺編集長「韓国は金大中夫人ら、金総書記と会ったことのある人の夫人が行く。日本も小泉元総理あたりがいいのではないか」

はてどうなることやら。