植田みずきが新ブランド、「ENFOLD」2012年春夏デビュー

写真拡大

 バロックジャパンリミテッドのカンパニークリエイティブ・ディレクター植田みずきが、2012年春夏シーズンより新ブランド「ENFOLD(エンフォルド)」を立ち上げる。ファッション感度の高い好奇心旺盛な女性をターゲットに、ファッションの本質を磨く新しいスタイルを提案。デビューコレクションにはブランドのシグネチャーアイテムと位置づけたパンツを中心に、コクーンシルエットのコートや着心地の良いカットソー、バッグ、シューズなどトータルコーディネートを揃える。

植田みずきの新ブランド立ち上げ「ENFOLD」の画像をもっと見る

 植田みずきは2000年「moussy」の立ち上げ参加し、同年「moussy」内の展開として自身がプロデュースするブランド「SLY」立ち上げる。2002年に「SLY」が独立したブランドとなり、セクシーでハードなミックスコーディネートで「moussy」とファンを二分する人気ブランドに成長。2007年バロックリミテッドジャパンの立ち上げとともにカンパニークリエイティブ・ディクターに就任し、「SLY」だけではなく、公式ブック「SHEL'TTER」も手がけている。

 新ブランド「ENFOLD」のコンセプトは「HIDDEN BEAUTY(隠された美)」。メインターゲットを自分と同じ年代の30代と定め、「360度どこから見ても美しいフォルムなど」で「ENFOLD」の考えるミニマルデザインを創り上げている。様々な花をミックスしたフラワープリントやコートに採用したボンディングなどオリジナルのテキスタイルや素材を使用。価格帯はコートで32,000円から68,000円、ワンピースで15,000円から48,000円、主力のパンツは15,000から28,000円と、バロックジャパンリミテッドの展開するブランドのなかではハイエンドな価格の設定となっている。

 「SLY」を立ち上げて5〜6年目で「"何か新しいものを"とずっと考えてきた」と語る植田は、同ブランドを立ち上げるにあたり、新しい層へのアプローチだけではなく「初期のお客様をもう一度引き戻せたら」との思いを込めたという。デビューコレクションについて「一番世の中に出したいスタイル。ブランドのスタートを切るに相応しい商品が出来たと思っています。1着1着の服を遠くから、近くから、いろいろな角度から見て、佇まいが美しいかを確認しました。着てみてください。着心地の良さやフォルムを感じてもらえると思います。」と話した。


■ENFOLD デビューコレクション全ルック
URL:http://www.fashionsnap.com/collection/enfold/2012ss/