朝鮮中央テレビは2011年12月20日、平壌の錦繍山(クムスサン)記念宮殿に安置された金正日総書記の遺体の写真画像を放送した。遺体は赤い布で胸から下を覆われた状態で、ガラス棺に納められている。