未来の街づくりと流通・小売業に向けて最新情報を発信する総合展示会「街づくり・流通ルネサンス2012」(主催:日本経済新聞)が、2012年3月6日(火)〜9日(金)の4日間、東京ビッグサイトにて開催する。
「街づくり・流通ルネサンス」とは、「JAPANSHOP」「建築・建材展」「リテールテックJAPAN」「NFC&Smart WORLD」「SECURITY SHOW」「LED Next Stage」「フランチャイズショー」(フランチャイズショーのみ会期は3月8日まで)の計7展示会の総称で、1208社・3349小間(12月15日現在)が出展するアジア最大級の総合展示会である。来場者は24万名を見込んでいる。
7展示会のうち、インテリア業界に関係するものが「建築・建材展」「JAPANSHOP」。「建築・建材展」では、耐震や省エネ・創エネ関連の建材・システムを集めたゾーンを拡充、「JAPANSHOP」では、震災後にオープンした注目の商業施設をケーススタディーに、ショッピングモールや店舗の未来を探るセミナーが企画されている。
この他、これまで行われていた「IC CARD WORLD」が「NFC&Smart WORLD」へリニューアル、今注目のスマートフォン関連ビジネスの製品・サービスが展開される。