ベーキング(オーブンを使ってパンやケーキなどを作ること)好きで知られるブレイク・ライヴリーが、その情熱を良いことに使うようだ。


ブレイクは最近、ニューヨーク市にある有名カップケーキ専門店、スプリンクルズを訪れ、スタッフと共に"S'mores"と名付けられたカップケーキを作ったという。このケーキは来年1月から販売される予定で、すべての収益を貧困や不正をなくすことを目的とし、長期の支援活動を行なっている団体、オックスファムに寄付するという。(余談ではあるが、この団体の親善大使を務めるのはブレイクの恋人、ライアン・レイノルズの元妻スカーレット・ヨハンソンだったりする)。

ブレイク・ライヴリー「ベーキングが大好きなの!」


映像を見てもわかる通り、とにかくベーキングが大好きなブレイク。彼女は以前、「ベーキングに限らず、料理自体が素晴らしいことだと思っているの。心が落ち着くっていうか。材料やフレーバーなど、科学的な面もあるわよね。とてもクリエイティブな作業だと思っているわ」とインタビューでコメントしていた。

ブレイクが家庭的なのも知られた話で、2010年にはフランスの名門料理学校ル・コルドン・ブルーのパリ校を訪れ、1日料理体験にも挑戦していた。彼女にとって、同校を訪れるのは長年の夢だったという。

ニューヨークでデートを楽しむブレイク・ライヴリー&ライアン・レイノルズ