来年1月に開催される米国インディペンデント映画の祭典、サンダンス映画祭。今年も注目の映画が盛りだくさんだが、中でも激しい賞レース争いが見込まれる作品をピックアップしてご紹介しよう。


作品名: The End of Love
監督・脚本: マーク・ウェバー
キャスト: マーク・ウェバー、シャニン・ソサモン、マイケル・セラ、ジェイソン・リッター、アマンダ・セイフライド、フランキー・ショウ
あらすじ: 過去と未来の間で自分を見出せない俳優のマーク。突然の妻の死で2歳の子どもと2人きりになったことで、自分の欠点と向き合い克服していく成長物語。

作品名: For Ellen
監督/脚本: キム・ソヨン
キャスト: ポール・ダノ、ジョン・ヘダー、ジェナ・マローン、マルガリータ・レヴィエヴァ、シャイ・マンディゴ
あらすじ: 売れないミュージシャンが、娘のエレンの親権をめぐって元妻との最後の話し合いに向かうため、深夜の長距離運転を敢行する。

作品名: Middle Of Nowhere
監督・脚本: エヴァ・デュヴルネ
キャスト: エマヤツィ・コリニールディ、デイヴィッド・オイェロウォ、オマリ・ハードウィック、ロレイン・トゥーサント、エドウィナ・フィンドレー
あらすじ: 夫が投獄されたことで、自分の結婚とアイデンティティーを振り返ったアフリカ系アメリカ人女性が、それらを守ろうと奔走する。

作品名: Nobody Walks
監督/脚本: ライ・ルッソ・ヤング/レナ・ダンハム、ライ・ルッソ・ヤング
キャスト: ジョン・クラシンスキー、オリヴィア・サールビー、ローズマリー・デウィット、インディラ・エネンガ、ジャスティン・カーク
あらすじ: ニューヨークに住む若手芸術家のマルティーヌは、1週間、ロサンゼルスのリベラルな家庭に招待される。しかし彼女の存在は、注意深く保ってきた一家の現状を次第にかき乱し、性的・感情的なカオスを引き起こす。

作品名: Save the Date
監督/脚本: マイケル・モハン/ジェフリー・ブラウン、イーガン・ライヒ、マイケル・モハン
キャスト: リジー・キャプラン、アリソン・ブリー、マーティン・スター、ジェフリー・エアンド、マーク・ウェバー
あらすじ: サラは、姉(妹)のべスが準備を進めているのを見て、自分が恋人との別れからまだ立ち直っていないことに気づく。2人は、現代における感情的な人間関係とはどういうものか、また、愛し愛されることはどういうことなのかについて改めて探っていく。

作品名: Smashed
監督/脚本: ジェイムズ・ポンソルド/スーザン・バーク、ジェイムズ・ポンソルド
キャスト: メアリー・エリザベス・ウィンステッド、アーロン・ポール、オクタヴィア・スペンサー、ニック・オファーマン、ミーガン・ムラリー
あらすじ:ケイトとチャーリーは、音楽や笑い、そしてお酒で深く結びついた若い夫婦。だがケイトが禁酒を宣言してから、新しい生活には数々の問題が起きるようになり、彼女はこれまでのチャーリーとの関係に疑問を持つようになる。