13歳だった横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから、2011年11月15日で34年となった。日本政府はこの問題について数年の間、何の進展もさせられないできた。娘の帰りを待ち続けてきた横田滋・早紀江夫妻に、辛く長い戦いの中での心境と、今後日本政府の取るべき姿勢について、落合信彦氏が聞いた。

* * *
落合:この国の政治家には、自分の発言に対する「責任」がまったくない。お二人はこれまで多くの政治家に会われたと思いますが、本当に信頼できる政治家はいましたか?

滋:西村眞悟さんや安倍晋三さん、中山恭子さん、平沼赳夫さん等は、ずっと筋を通してくださっていると思いますが……。

落合:数えるほどですよね。ですが、拉致は日本の主権を侵す重大犯罪です。本来なら全議員が最優先に取り組むべきことなんです。日本の憲法に、国民は生命、自由、幸福の追求に対する権利があると書いてある。その権利を奪われているめぐみさんの問題を放置する国会議員は憲法違反を犯していると言っていい。しかし、民主党からはそんな問題意識は微塵も見えません。

早紀江:政権が代わってからの時間は、何か「もったいなかった」という気持ちがどうしてもしてしまいます。

落合:「時間を盗まれた」と言うべきでしょう。菅直人は北朝鮮とつながりの深い団体に献金していて、私からすれば言語道断の犯罪行為です。

※SAPIO2011年12月28日号