最近では親しみのわくセレブも多いけれど、やっぱりセレブのやることは違う? というわけで、<huffingtonpost.com>がセレブママにまつわるオドロキのトリビアを集めてみました。

マライア・キャリー
出産で周りから賞賛されるのはよくある話。だけどマライアの夫ニック・キャノンは、マライアにご褒美としてダイアモンドとピンクサファイアがあしらわれた1万2,000ドル(約95万円)ものネックレスを贈ったという。

ヴィクトリア・ベッカム
今年7月に、夫デヴィッド・ベッカムとの間に待望の女の子を授かったヴィクトリア・ベッカム。出産後も7インチ(約18センチ)のハイヒールで娘のハーパーちゃんを抱いているのがパパラッチされている。

デニス・リチャーズ
チャーリー・シーンとの間に2人の娘がいるデニス。今年になって、養女エロイーズちゃんを迎えた彼女は、生後4か月あまりの彼女にグッチの265ドル(約2万円)のジーンズを買ったとか。

アドリアナ・リマ
ヴィクトリアズ・シークレットのモデルとして知られるアドリアナ。セレブならでは...というわけではないが、2歳の娘ヴァレンティナちゃんはすでにセルビア語とポルトガル語(父親でNBA選手のマルコ・ヤリッチがセルビア人、アドリアナがブラジル人のため)に加え、「犬に命令する程度」だが英語も話せるとか。