資生堂が2012年4月より、美と健康に関する企業と専門家によるコラボレーションサイト「Beauty&Co.(ビューティー・アンド・コー)」をスタートする。講談社やパナソニック、サンエー・インターナショナル、JTBなど全13社が参加。2012年度末までに50社以上を目指し、客・参加企業・専門家が一体となった新しいコミュニケーションスペースを創出する。

資生堂が信頼性の高い総合サイト立ち上げの画像を拡大

 マスメディアや企業からだけではなく消費者が手軽に情報発信することが一般化し、膨大な情報がインターネット上に溢れている現状を踏まえ、資生堂は「本当に必要な情報」・「信頼できる情報」を探し出すことができる総合サイトとして「Beauty&Co.」を立ち上げる。現時点では資生堂の他、ABC Cooking Studio、 ジェイティービー、ル・クルーゼ ジャポン、星野リーゾートなど美容のジャンルを超えた全9社の加入が決定。これに、資生堂の関連企業のアユーラ ラボラトリーズ、エテュセ、キナリの3社が参加する。

 「Beauty&Co.」ではさまざまな業種の信頼性が高い企業が集うことで、質の高い情報を提供。美と健康をテーマに、内面・外面を美しくするビューティー、ヘルスケア、メディカル、ファッション、リラクゼーション、インテリジェンスの6つのカテゴリーに基づいて紹介する。また企業からだけではなく、美と健康の専門家である美容ジャーナリストや編集者などからの情報発信や口コミを集めるコンテンツを開設。個別の企業サイトやカテゴリー毎の口コミサイトでは集約しきれていなかった情報を一度に得ることを可能とする。オープンには「Beauty & Co.」独自の会員・ポイント制度を設け、サイトを経由して参加企業の通販サイトで購入した金額に応じてポイントを付与するなど、サイト内の回遊性を高めていく。