PSVITA「魔界戦記ディスガイア3 Retun」12月17日発売

写真拡大

(画像:amazon.co.jpより)
(C)2008-2011 Nippon Ichi Software, Inc.

1,000万時間遊べる史上最凶のシミュレーションRPG。
日本一ソフトウェアより、PSVITA専用ソフト「魔界戦記ディスガイア3 Retun」が2011年12月17日に発売される。
 
「魔界戦記ディスガイア3 Retun」は、PS3専用シミュレーションRPG「魔界戦記ディスガイア3」の移植作品で、魔王の息子であるマオが魔王を倒すため、不良娘や自称勇者達と魔界の学校を舞台に奮闘するというもの。

PSVITA版では追加キャラクター20キャラ以上、追加BGM40曲以上、「ラズベリル編」などのPS3版ダウンロードコンテンツがすべて収録されている他、バストアップアニメーションやその他にも新要素が追加される。

また、「魔界戦記ディスガイア3 Retun」PSVITA版ならではの追加要素が紹介されたムービーも現在公式サイトで紹介されている。

なお、「魔界戦記ディスガイア3 Retune」の値段は6,090円(税込)、ダウンロード版は5,000円。

【記事:フェイトちゃん】

▼外部リンク
魔界戦記ディスガイア3 Retun
魔界戦記ディスガイア3 Return (リターン) 特典 ミニサウンドトラックCD付き

■関連記事
2011年ナンバーワンソフトを決める「ファミ通アワード2011」投票受付開始
戦略アクションRPG「ソウルマスター」オープンベータテスト開始
札幌で「雪ミク電車」12月19日より運行
PS3「ワンピース 海賊無双」2012年3月1日発売決定!
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」特製フィギュア付きUCCコーヒーが発売