Wiiの「ゼルダ」に進めないバグ、症状発生時は任天堂がセーブデータ修復。

写真拡大

任天堂は12月15日、Wii向けソフト「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」について、先に進めなくなる症状が発生する場合があると発表した。同社の公式サイトでは回避法を案内すると共に、症状が発生してしまった場合の対処法についても案内している。   

この症状は同ソフトが発売された直後、11月下旬頃からネットで相次ぎ報告されていたもの。任天堂によると、「勇者の詩」を手に入れるイベントで、「砂漠」で入手する「雷龍の詩」を入手した後、そのほかの「火山」「森」で起きるはずの「詩」の入手イベントが起きず、先に進めなくなる症状が発生する場合があるという。発生条件は「砂漠」で入手する「雷龍の詩」を手に入れた後、「ラネール鉱山入口」のケンブンと会話すること。これにより、以降のイベントの発生条件がクリアされてしまい、先に進めなくなるそうだ。

そのため、「症状が起きない進め方」として、「フィローネの森」→「オルディン火山」→「ラネール砂漠」(あるいは「火山」→「森」→「砂漠」)の順に行動するよう案内。また、「森」や「火山」より先に「砂漠」でのイベントを進めている場合は、「雷龍の詩」を入手した後、ラネール地方にいるケンブンと会話をせずに「森」や「火山」のイベントを進めるよう案内している。

もし症状が発生してしまった場合は、サービスセンターまでセーブデータのコピーが入ったSDメモリーカード(またはWii本体)を送付すれば、任天堂がセーブデータの修復を行うとのことだ。なお、Wiiをネット接続している人を対象に、セーブデータを修復するプログラムの配信も予定している。詳細は配信日が決まり次第、発表される予定だ。