S・ジョブズ、デボラ・ハリー、スヌーキー...養子だったセレブ 写真:アフロ

写真拡大

アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット、キャサリン・ハイグル、サンドラ・ブロックなど、養子を迎えるセレブは多い。その逆で、養子に迎えられた人物がセレブになったケースを<huffingtonpost.com>が紹介している。

スティーブ・ジョブズ
誕生日: 1955年2月24日
今年10月5日に56歳の若さでこの世を去ったジョブズ。彼はクララ&ポール・ジョブズ夫妻の養子として迎えられた。作家のモナ・シンプソン(シンプソンは母親の姓)は彼の実の妹。アップル社の顔として、iPhoneやiPadなど、画期的な製品を世に送り出した。

デボラ・ハリー
誕生日: 1945年7月1日
フロリダ州マイアミで生まれ、ニュージャージー州のリチャード&キャサリン・ハリー夫妻の娘となったデボラ。ロックの殿堂入りも果たしたバンド、ブロンディのボーカルとして有名。

ニコール・"Snooki"・ポリッツィ
誕生日: 1988年11月23日
南米チリの首都サンティアゴに誕生した"スヌーキー"は、生後半年でイタリア系アメリカ人のアンディ&ヘレナ・ポリッツィ夫妻の養子となった。"スヌーキー"というあだ名は映画『セイブ・ザ・ラストダンス』の登場人物にちなんでつけられたという。日本でも放映されたMTVのリアリティー番組『Jersey Shore 〜マカロニ野郎のニュージャージー・ライフ〜』の中心的人物として一気にブレイクした。

ゲーリー・コールマン
誕生日: 1968年2月8日
『アーノルド坊やは人気者』の主人公アーノルド・ジャクソンを演じ、「アーノルド坊や」とも呼ばれたゲーリー。イリノイ州に生まれた彼は、W・G・コールマン&エドモニア・スーのカップルと養子縁組した。ゲーリーは残念ながら2010年に亡くなってしまったが、『アーノルド...』で見せた愛らしい笑顔は決して色あせることはないだろう。

フェイス・ヒル
誕生日: 1967年9月21日
テイラー・スウィフトやキャリー・アンダーウッドといった若手が活躍する中、カントリー界きっての美人歌手といえばやっぱりフェイス! 同じくカントリー歌手のティム・マッグロウとのおしどり夫婦ぶりでも有名だ。ミシシッピ州ジャクソンで誕生し、パット&エドナ・ペリー夫妻の養子となったフェイス。実の母親に会ったのは、大人になってからだそう。ちなみにヒルという苗字は、17歳で結婚した最初の夫で音楽会社の重役、ダン・ヒルのもの。

メリッサ・ギルバート
誕生日: 1964年5月8日
カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれたメリッサは、エド・ギルバートとバーバラ・クレインの養女に。日本でも、ドラマ『大草原の小さな家』のローラ役で有名だ。