矢野経済研究所では、このほど2011年第3四半期の住宅リフォーム市場規模について、前年同期比17.9%増となる1兆7234億円と発表した。また、2011年の1〜9月のリフォーム市場規模は4兆2449億円(前年同期比2.2%減)となり、震災以降10%以上の落ち込みが続いていたリフォーム市場が大きく盛り返していることをうかがわせる結果となった。
これは、東日本大震災により建材・設備のサプライチェーンにもダメージがあったことに加えて、仮設住宅向けの建材・資機材が優先されたため、建材・資機材の供給が不足していた時期もあり、リフォーム事業者もあまり積極的なセールスができなかった状況が続いていたが、こういった状況がある程度落ち着きをみせ、リフォーム事業者側の営業活動と、手控えられていた生活者のリフォーム需要が一気に顕在化した結果と考えられる。
なお2011年通期の住宅リフォーム市場規模については、第2四半期終了時に5.2〜5.6兆円へ下方修正したが、第3四半期の状況を踏まえ、5.7〜6.0兆円(前年比▲4〜+1%)を予測する。