ファーストリテイリングが12月12日、中国において大学生への給付を対象とした奨学金や就学中の国際交流機会を提供するプログラムの設立を発表した。仮称は「ユニクロ奨学金」。給付は2012年9月から5年間とし、グローバルに活躍していく次世代の優秀人材をサポートする。

ユニクロ奨学金が中国で立ち上げの画像を拡大

 中国において「UNIQLO(ユニクロ)」を展開する迅銷(中国)商貿有限公司は、中華人民共和国教育部傘下の中国教育国際交流協会との間で、中国大学生への給付を対象とした奨学金や就学中の国際交流機会を提供するプログラム等の設立について覚書を締結。「ユニクロ奨学金(仮称)」の立ち上げを発表した。今後の中国の発展を担い、グローバルに活躍していく次世代の優秀人材を学費面でサポート。協会の協力を得て、奨学金給付対象の学生に対してグローバルで活躍している経営者や国際人材との交流機会を提供する。これらを通じて迅銷中国(ユニクロ)は、中国人民共和国の人材開発面における発展に貢献したいと考えている。

 「ユニクロ奨学金(仮称)」の給付対象者は中国の大学(一部の大学に限定)に在籍中の本科学生とし、中国籍の学生に限る。2012年9月より給付を開始し、5年間の総額で4,000,000元(4880万円相当)のサポートを計画している。