日本初ファッションファンド出資先決定、3組のデザイナーが新事業計画

写真拡大

 パルコが12月12日、日本初のファッションを応援するコミュニティ型マイクロファンド「FIGHT FASHION FUND by PARCO」の出資先候補デザイナーを発表した。「JUN OKAMOTO(ジュン オカモト)」の岡本順、「THEATRE PRODUCTS(シアタープロダクツ)」の武内昭と中西妙佳、「giraffe(ジラフ)」を展開するスマイルズの中村裕子の3組で、それぞれ新事業を計画。コミュニティ型マイクロファンドサービスを活用し、2012年1月下旬より出資者を募集する。

ファッションファンド出資先デザイナー決定の画像をもっと見る

 「FIGHT FASHION FUND by PARCO」はパルコが提供する新しいジャパン・ファッション応援プロジェクトで、キャッチコピーは「ニッポンファ・ファ・ファ!」。日本が世界に誇るファッションを更に盛り上げ、生活者が多様性のあるファッションを楽しむことの出来る環境づくりを実現する初の取り組みとして、2011年10月に立ち上がった。ミュージックセキュリティーズ社のコミュニティ型マイクロ投資プラットフォームサービス「セキュリテ」を活用し、約1年半にわたり次世代のファッションデザイナーが必要としている「資金」「ビジネスネットワーク」「販売機会やPR機会」などを支援する。

 出資先候補デザイナーに決定した3組は、12日に行われた発表会でそれぞれの新事業の計画を発表。2011年に初のセミオーダーの店を熊本に出店した岡本順は「これを機会に取り組みを広げていきたい」とし、「THEATRE PRODUCTS」の新しいWEB事業を計画しているという武内昭は、その構想を「Eコマースやメディアアートなどから、新しいコミュニケーションを生んでいきたい」と話した。そして「洋服を作るのが夢だった」というネクタイブランド「giraffe」デザイナーの中村裕子は、新たに"2トーン"がテーマのブランド「my panda(マイ パンダ)」の立ち上げを計画。スマイルズの遠山正道 社長は、「『my panda』は、Soup Stock Tokyo、giraffe、PASS THE BATONに次ぐスマイルズの4つめの事業にしたい。2トーンのファッションを通じて、世界共通の"カワイイ"の物差しになれたら」と語った。

 「FIGHT FASHION FUND by PARCO」では、2012年1月下旬よりWEB上で出資者を募集する。1口3万円最大400口(1事業者最大約400万円)の出資を募り、ファンドは2012年5月〜2013年8月の運営を予定している。

■FIGHT FASHION FUND by PARCOとは?
 http://www.fashionsnap.com/news/2011-10-20/parco-fashion-fund/