太陽の塔に3D映像を投影「イルミナイト万博X′mas」開催

写真拡大

 大阪・万博記念公園で行われる恒例のクリスマスイベント「イルミナイト万博X'mas」が今年も開催される。第5回目を迎える今回は岡本太郎生誕100周年を記念し、「明日の神話」をはじめとする太郎作品やクリスマスにちなんだ映像の数々を「太陽の塔」本体に映写。最新技術を駆使して3D映像を映し出し「ビームペインティング」する。

太陽の塔に3D映像の画像をもっと見る

 2011年の「イルミナイト万博X'mas」では、太陽の広場で「太陽の塔」に3D映像を投影する「ビームペインティング」を実施。岡本太郎の生誕100年を記念して「太陽の塔」に内蔵する"生命の樹"や大阪万博当時の展示物、岡本太郎の作品からヒントを得た映像作品、クリスマスにちなみサンタクロースなど関西最大級の3D映像を「太陽の塔」に映写する。現在は非公開になっている"生命の樹"も「太陽の塔」に映し出される予定。一回の映写時間は約6分半で、イベント開催中は繰り返して映写される(※PM17:00頃を予定)。

 昨年よりLEDを5万球増やしたという「イルミストリート(東大路)」では、パワーアップした光の列柱を設置。子どもに人気の高い光の迷路「ツインクルメイズ(上の広場)」や縁日ブース、フードコート、 ワークショップ、3Dお化け屋敷などを楽しみながらアートを満喫することができる。会期は、2011年12月16日〜18日、22日〜25日の7日間限定。

■イルミナイト万博X'mas
開催期間:12/16(金)〜18(日)、22(木)〜25(日)
会場万博記念公園
住所:大阪府吹田市万博公園
点灯時間:16:00〜21:00
LED・電球数:18万球
料金:入園料250円
アクセス:大阪モノレール万博記念公園駅より北へ徒歩5分
http://park.expo70.or.jp