京都精華大学、ファッション&音楽学ぶ日本初の学部を新設

写真拡大

  京都精華大学が、日本初となるポピュラーカルチャー学部を2013年4月に新設することを発表した。音楽やファッションを通じて新しい文化をつくるクリエイターの育成を目的に学部を新設。2013年度の改組を発表したマンガ学部のほか、芸術学部、デザイン学部、人文学部、併せて5学部体制となる。文部科学省への事前相談は済ませており、2012年4月下旬に設置の届出を行う予定としている。

京都精華大学、日本初の学部新設の画像を拡大

 日本初のポピュラーカルチャー学部・ポピュラーカルチャー学科(定員118名)は、音楽コースとファッションコースの2コース構成。メディアと産業システムの激しい変化の中にある音楽とファッションを教育研究分野として確立する。ポピュラーカルチャー学部では、両分野において求められているクリエイターを育成することを目的としており、技術の習得だけではなく現代社会と人間に対する理論的考察も学ぶことができる。

 ファッションコースでは、ファッションデザイナーやスタイリスト、ファッションサイトや雑誌の編集者、ショー・イベントプロデューサーなどの進路を想定し、必要な技術や知識を基礎から身につける。服づくりの技術の習得に加え、ファッション史、マーケットやビジネスモデル、ファッション批評など理論の側面からもファッションについて学習。実際にファッションショーをプロデュースするプロジェクトや、服のデザインからブランド設立までを体験する授業も実施する。

 音楽コースでは、ミュージシャンやサウンドデザイナー、音楽プロデューサー、音楽サイトや雑誌の編集者、イベント企画者などの進路を想定。ポップスやロックをはじめとした「ポピュラー音楽」に取り組み、新しい時代に必要な音楽のつくり方を基礎から学ぶ。スタジオでの演奏やデジタル技術を使っての作編曲、市場やメディア、ビジネスモデルのほか、イベントの実施やWebサイトでの配信など様々なメディアを使って実際に企画・発信するという授業を設ける。京都独自の音楽シーンをつくってきたライブハウスへのフィールドワークやインターンシップも実施される予定。

 京都精華大学では今年5月、「京都もパンツをはいている」をキャッチフレーズにしたパンツの博覧会「パンパク2011 in 京都」を開催。グンゼのインナーウェアブランド「BODY WILD」とコラボレートした企画も実施している。

■ポピュラーカルチャー学部特設Webサイト
http://www.kyoto-seika.ac.jp/popularculture/
※教員、入試日程については文部科学省への届出後、2012年5月に発表される予定。