10月8日のスポーツ紙が安めぐみと“東MAX”こと東貴博の結婚をスクープとして報じたが、それより半年前の3月18日号にて、本誌は「通い同棲&結婚間近」といち早く報じた。

記事では安が東の高級マンションに足繁く通って半同棲状態なこと、昨年3月に安の母親が亡くなった際に東が彼女を支えて絆が深まったことなどを報じた。本誌発売後、東は出演するラジオ番組で、高田文夫に記事の件を突っ込まれながらも最後までシラを切り通していた。関係者によると、本誌が熱愛を報じたことで、ふたりが真剣に結婚を考えるきっかけになったという。

かねてから安は「20代のうちに結婚したい」と公言していたために、12月22日の誕生日前にも婚姻届が提出されると見られる。披露宴ではきっと、東の父・八郎の名曲『娘へのバラード』が奏でられることだろう。

ところで、ふたりが交際を開始した2007年よりもはるか前に、安と「ベッドを共にした」男性がいる。元AV男優のチョコボール向井氏だ。現在は新宿2丁目でスナックを営んでいる。

安とチョコ氏の出会いは、2001年放送の深夜番組『トゥナイト2』。売り出し中のタレントとして出演していた当時19歳の安は、人気絶頂の有名男優に体当たり取材を敢行していた。

インタビューはふたり並んでベッドの中。「初体験はいつですか?」と安はチョコ氏に問いかけるも、「自分はどうなの? 2人? 3人?」と逆質問で迫られ、「自分はまだまだですよ〜、ヤッてないってば〜」と愛らしくはぐらかしていた。チョコ氏が監督するAVの撮影現場にも憶することなく飛び込み、レポーター役を見事にこなしていた。

チョコ氏はいう。

「あの時の女の子が安さんだと知ったのは、6年ほど前。すでにグラビアアイドルとして大活躍していました。僕の撮影現場取材の経験を、夜の新婚生活に生かしてほしいですね」

※週刊ポスト2011年12月23日号


安めぐみの写真ギャラリー