漫画やアニメは、今や日本の代名詞ともいえる世界に誇れる立派な文化。しかし悲しいかな、日本では“オタク(死語?)”文化に違和感を覚える人は少なくない。漫画・アニメがコラボしたファッションアイテムを身につけて街を歩けば、冷ややかな目線を感じた経験がある人もいるだろう。そんな漫画・アニメのファッションアイテムに対する世間の反応に、変化が表れていることにお気づきだろうか?

筆箱や下敷き、バッグやTシャツなどにも描かれ、幼いころから慣れ親しんでいるキャラクターたちだが、成人してキャラクターグッズを愛用しようものならドン引きされてしまう傾向にある。そんな理不尽な世の中に、ターニングポイントが!

最近、ブログやツイッター上で、漫画・アニメがコラボしたファッションアイテムに対して、「カワイイ」「ほしい」といったコメントを多く目にするようになったのだ。その心理的変化の理由を探ると、漫画・アニメコラボファッションを非難していた女子たちもこぞって「ほしい」と声を上げていたのは・・・そう、国民的人気漫画『ONE PIECE』のグッズであった。

最新刊64巻の初版発行部数が400万部で日本記録を更新するなど、とどまるところを知らない『ONE PIECE』人気の勢いは、漫画・アニメコラボファッションに対するネガティブなイメージの払拭に大きく貢献し、ファッション業界へも大きな影響を与えている。数多くの『ONE PIECE』関連グッズから、記者が個人的に「ほしいっ!」と思ったオシャレなファッションアイテムをいくつかご紹介しよう。

まずは、シルバーアクセサリー『white clover』から今月発売された“エース&ルフィシリーズ。”


『ONE PIECE』のペアアクセサリー第二弾として制作されたこのシリーズは、エースとルフィの兄弟の絆をテーマに、ダイヤやルビーをあしらったクールなデザインに仕上がっている。“チョッパー”をモチーフにした第一弾のシリーズでは、発売1週間で1,300個を完売し、その後発売された“クリスマス限定カラー”バージョンも人気を呼んだ。

続いて、蒼井優のCMでおなじみのアイウェアメーカー『JINS』の大人気シリーズ第三弾。


『ONE PIECE』のキャラクターをフィーチャーしたオンライン限定企画だ。ルフィ、エース、ハンコック、シャンクスといった人気キャラをイメージしたオリジナルメガネを期間限定で販売している。

このほかにも、有名ブランドやハローキティなどのキャラクターとの大型コラボ商品が話題を呼んだのは、記憶に新しい。


『ONE PIECE』の人気ファッションアイテムに共通しているポイントは、“さりげなさ”だろう。従来のいかにもアニメグッズという商品ではなく、大人が身につけても違和感がないようなスタイリッシュなデザインが採用されている。それでいてアニメの世界観を持ち合わせながらファン心理も十分に満たしていることが、人気を呼んでいる秘訣と言えそうだ。

「アニメコラボアイテムはちょっと・・・」なんて抵抗感を抱く人も、『ONE PIECE』ファンならほしくなってしまう不思議なアイテムたち。日本の最先端ともいえる(?)アニメファッションデビューをするなら、『ONE PIECE』アイテムからスタートしてはいかが?
(TechinsightJapan編集部 小林由佳)

【関連記事】
チョッパーと恋人と祝うイブ!大人気のペアアクセから“クリスマスバージョン”が数量限定で発売
今期激レアアイテム確定?! 『火拳のエース 炎の記憶(フレイム・ログ)』−そのウォッチが、俺とお前をまた、引き合わせる−。
入手困難!激レアアイテムを手に入れるため編集部が走る! 『ワンピース 10周年記念公式ウォッチ 黄金の指針(ゴールデン・ポース)』編
【3分でわかる】ONE PIECE 中編
【3分でわかる】ONE PIECE 後編
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!

【参照】
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=89127