アメリカで大ヒットを記録し、日本でも公開が待たれる『Bridesmaids』の製作陣によるロマンチック・コメディー『Five-Year Engagement』の予告編が公開された。

タイトルの『Five-Year Engagement』とは、「5年も婚約したまんま」という意味なのだが、主演は去年イタリアで俳優のジョン・クラシンスキーと結婚したばかりのエミリー・ブラント。婚約者に扮するのは、新作『The Muppets』でマペット人形相手に主役を演じ、コメディー作品の常連としても知られるジェイソン・シーゲルだ。

『Five-Year Engagement』の予告編は、プロポーズのシーンから始まり、5年という長〜い長〜い婚約期間に起こるドタバタを描いている。婚約パーティーでは司会者の男性が、ジェイソンの昔の恋人の名前をスライドショー形式(しかもラップ調で)振り返る暴挙に出るなど、幸先の悪い婚約生活は、エミリーの仕事の都合でいきなり遠距離恋愛になってしまう。最初は2年だけの約束だった遠距離恋愛も、エミリーが昇進したことで、もう2年延び、婚約生活は4年目に突入してしまうのだ。

エミリー・ブラント&ジェイソン・シーゲルin 『Five-Year Engagement』

親には「おばあちゃんが元気なうちに、結婚しなさいね」と言われながらも、実は結婚の日取りも決めていないエミリーとジェイソン。だがそうこうしている間に、おばあちゃんが死んでしまい、「結婚を遅らせるとこういうことが起きるのよ」と怒られてしまう。さらに、結婚式でフラワーガール(花嫁の後ろを歩く少女)になってねと頼んだはずの女の子にはボウガンのようなもので打たれ、その矢がエミリーの太ももに突き刺さるというトホホな展開も。

そんなドタバタ・ラブコメディーを演じたエミリーとジェイソンの息はぴったりで、「5年も婚約したまんま」の状態に、絶え間ない笑いをもたらしているようだ。しかし、実生活でのエミリーは、夫のジョンと2009年8月に婚約してから、その約1年後の2010年7月に結婚している。公私ともに好調なエミリーを見ていると、やはり婚約期間は短いほうがいいのかもしれない。『Five-Year Engagement』は2012年4月27日に全米公開。