8日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」で、石橋貴明演じる人気キャラクター「宜保タカ子」が10年ぶりに復活した。当時の視聴者はもちろんのこと、元ネタ(90年代に大ブームとなった霊能力者の宜保愛子)を知らない若い世代にも好評だったようで、これはコント師・石橋貴明のキャラ作りの上手さによるものが大きいのであろう。

 今回、宜保タカ子が突然の復活を果たしたことで、「あのキャラをまた見たい!」「また、とんねるずのコントが見たい!」という声が早くも殺到している。そんなとんねるずの番組中で生まれたキャラクターの中でも、もっとも人気があり、復活も望まれているキャラクターといえば、やはり「仮面ノリダー」。日本を代表するヒーロー、仮面ライダーのパロディコントである本作は放送当時、社会現象と言えるほどの大ブームとなった。

 だが、この大人気キャラクターの復活には大きな壁があるのだ。
 実はこのコント、原作者の石ノ森章太郎(石森プロ)や制作会社の東映からの許可を得ずに無断で製作されたパロディだったのである。無断でパロディを製作していることに対し東映は抗議。当時放送されていた仮面ライダーBLACK・RXのプロデューサーである吉川進は、関連書籍などでとんねるずや仮面ノリダーに対して批判のコメントも残している。
 一方、東映サイドとは真逆の反応を見せたのが原作者の石ノ森章太郎で、「仮面ノリダーを楽しんで見ています」と雑誌のインタビューなどで語っていた。
 原作者からは好評だった仮面ノリダーではあったが、制作会社とのあつれきもあって、いくら大人気キャラクターとはいえ「仮面ノリダー」の復活は難しいという意見が多いのが実情なのである。

 ただ、ノリダー復活は完全に不可能というわけでもないかも知れない。
 かつて、大ブームを起こした仮面ノリダーを見て育った世代が、本家の仮面ライダーのキャストに抜擢されたり、スタッフとして参加する機会が多くなってきているからだ。そのような世代交代の影響もあってか、2007年に放送された特番で、過去の仮面ノリダーの映像が流された際、「協力 石森プロ・東映」とのテロップも挿入されていたのである。
 近年の仮面ライダーは、昭和から平成まで登場した仮面ライダーが全て集うオールスター興業ならぬオールライダー興業として企画された劇場版が大人気だが、いつかオールライダーの中にノリダーの姿も混ざっている時も来るのかもしれない!?