「あのメダリストも......」内柴容疑者だけじゃない!? 日本柔道界の″悪しき慣習″とは

写真拡大

 柔道五輪金メダリストの内柴正人容疑者が、未成年の教え子に酒を飲ませて暴行したとして準強姦容疑で逮捕され、大きな波紋を広げている。8日には早くも熊本県が2度に渡って授与していた県民栄誉章の取り消しを表明。同日、内柴容疑者は容疑否認のまま送検されている。

 この逮捕劇は柔道界にも衝撃をもって受け止められており、全柔連理事の山下泰弘氏やJOC理事・山口香氏ら柔道界の重鎮たちも相次いでコメントを発表している。

 だが、柔道界に詳しい人物は"内柴事件"は「業界の悪しき慣習が招いた部分もある」と語る。かねてから柔道界では講師と生徒が"一線"を超えることが恒常化していたというのだ。

「講師の男性と愛人や不倫関係に陥る女子選手は多かった。五輪で金メダルを取ったあの女子柔道家が、同年代の男子柔道家と"ただならぬ関係"だったことは有名な話。道場内でおっ始めたこともあったらしいですよ(笑)」(同)

 師弟関係ならなおのことだ。五輪にも同行した某スポーツ紙の記者は「得意技が同じあの2人......すでに引退したある女子金メダリストと、その師匠の男子選手も不適切な関係だったそうです。男性のホテルの部屋から教え子の女性が何食わぬ顔で出てきましたから。ところが、驚いたのは僕だけで周囲は見て見ぬフリ。気にも留めていませんでした」と耳打ちする。

 "内柴事件"を受け、同じく五輪金メダリストで女子学生を指導する古賀稔彦氏は「大学の指導者は『先生』という意識をもしっかり持たないといけない」と話していたが、1人の男の"蛮行"で片付けずに、柔道界全体でこの問題を考えるべきだろう。



【関連記事】
「しゃべったら暴走してしまう!?」内柴事件に"犬猿の仲"石井慧がコメントしないワケ
「他にも被害がある?」準強姦で逮捕の内柴正人容疑者 大学周辺に隠ぺい工作の形跡も
柔道五輪金メダリスト・内柴正人の"セクハラ疑惑"の真相とは