ボートレースはお得 観戦開始以来お米を買ったことない人登場

写真拡大

南明奈扮する“アッキーニャ”のCMの効果もあり、若いファンが増えているボートレース。11月には、『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)に出演していた美人モデル・芦村幸香(26)がボートレーサーに転身。そのルックスも手伝い、朝のワイドショーで密着されるなど、公営ギャンブルに興味のない人の間でも話題となったのは記憶に新しい。

このほかにも『潜入!リアルスコープ』(フジテレビ系)ではボートレーサー養成学校で厳しい訓練を受ける女子訓練生が密着されたり……と、一般メディアで取り上げられる機会が急増中だ。

さらにボートレースを題材にした人気漫画『モンキーターン』のスロット台が大ヒットした影響もあり、「やってみたいけど周りに詳しい人がいないし……」、「女1人で行くのはちょっと怖いかも」と興味を持っているにもかかわらず一歩踏み出せないでいる人も急増している(はず)。

そこで、ボートレース歴1年半にして全国にある24カ所のボートレース場をすべて制覇。ほぼ毎日ボートレースをしているライター・モリコロが、ボートレースの魅力について紹介していきます!

前置きが長くなったが、ボートレースの魅力はなんと言っても3連単でも120通りという当てやすさとサービスの良さだろう。これまで一通りギャンブルをやってきた筆者だが、ボートレースほど客に対してサービスの良いギャンブルはないと感じている。

今回紹介するのは、一部ボートレース場で行っているポイントサービスだ。現在、平和島、多摩川、津、児島、丸亀、大村の6カ所で実施されているが、基本的には電話投票で舟券を購入すると100円につき1ポイント(マイル)が貯まるシステムとなっている。また、指定されたレースやG1、SGというグレードの高いレースでは2〜5倍になることも多いため、気付いたらあっという間にポイントが貯まっている。

1ポイント(マイル)は1円程度の換算になるため、筆者は6カ所のボートレース場全体で1年間に3〜4万円程度の商品と交換している。このポイントサービスの美味しさに気付いてからは、自腹で米を購入したことがないほどだ。

知人の男性も、ギャンブルにあまり良い顔をしない奥さんのご機嫌を取るために定期的にポイントをご当地の名産やお菓子などと交換して奥さんにプレゼントしているそうだ。もちろんこのポイントは舟券が的中しても付与されるため、買えば買うほど美味しい思いができるのだ!(*一部ボートレース場はフライング返還されると、付与されない)

こんなに還元率の良いサービスを行っているギャンブルはなかなかないだろう。すでにボートレースを始めている人の中にも、このサービスを利用していない人は意外と多いので、この機会に各ボートレース場で会員登録をしてポイントを貯めてみては?

文/モリコロ

【プロフィール】普段は芸能系をメインに取材するライター。趣味はお笑い、アイドル、ボートレース、珍スポット&巨大建築物巡り