理想の恋人は頭の中にいた!? 大学生に聞く「想像上で付き合ったことがある?」

写真拡大

「素敵な彼氏・彼女がほしい」と思ったことがある人は多いはず。しかし、現実はなかなか自分の思いどおりにはいかないもの。ふとある瞬間、不毛とはわかっていても現実から目を逸らし、頭の中の幸せな空想に浸ってしまったり......。人には言えないけれど、フリーのときや片想いしているときにそんな経験をした、という人もいるのでは!? 今回、計288名の男女(大学生)に、彼らが過去に経験した"想像の中の恋"について聞いてみました。

【Q.あなたは、過去に「想像上の恋人」がいたことはありますか?
(もしくは、誰かと付き合っている想像をよくしていたことがある?)】

<男性>
「ある」......9.0% / 「ない」......91.0%

<女性>
「ある」......22.9% / 「ない」......77.1%

男性は「ある」と答えた人が1割を下回った一方で、女性は約23%の人が「ある」と回答。現実的な人が多いものの、約5人に1人くらいの女性は、恋愛にまつわる想像を頻繁にしていた時期があるよう。"夢見る乙女"だった女子は少なくないみたい。


【Q.過去に、どんな恋愛や恋人を想像していましたか?】

ちなみに彼女らは、一体どんな空想をしていたのでしょうか?

<男性>
・適度に頼られる気立ての良い彼女とのデート。(男性/大学院生)
・裏表がなく、一生懸命で可愛らしい同級生の女の子。(男性/大学院生)
・仕事上ではテキパキと動き、周りからは尊敬できる人として慕われ、家に帰るとビックリする程甘えてくる彼女。(男性/大学生)

<女性>
・今はほとんど連絡のつかない昔の片思いの相手。デートもどきや遠距離恋愛もどきをしたときのことを反芻している。(女性/大学生)
・女嫌いで有名な男子が実は自分にだけは心を開いていてすごく優しくてこっそり一緒に下校している......というのを中学校のときに妄想していた。(女性/大学院生)
・高校時代にずっと好きだった先生との、卒業後の交際を夢に描いていた。(女性/大学生)

男性の場合は"手の届く"範囲での恋愛を想像する傾向が。一方で、女性の場合は"手の届かない"恋愛を思い浮かべているエピソードが目立ちました。また、中には「付き合い始めから結婚、育児、老後に至るまでをシミュレートしたことがありました。(女性/大学生)」といった現実的な問題を考えたり、「実際にいた好きな人と妄想で付き合っていたが、なぜか妄想でもうまくいかなかった。その結果、その人のことは諦めた。(男性/大学生)」という人も。かえって恋心が冷めてしまったケースもあるようです。想像上の恋愛だからといって、必ずしも完璧に......とはいかないみたいですね。

手が届きそうで届かない理想の彼女との恋愛。特別な男性との二人だけの秘密の時間......。想像上の恋愛に浸っているだけだと危険な感じもしますが、ごくたまにならときめきを感じてほっと幸せな気持ちになってみるのも悪くないものかも。「素敵な人と付き合いたい」と思った気持ちが、自分を磨くきっかけになることもありますしね。あなたは、想像の中での恋愛を楽しんだことがありますか?

文・山田ニック(ニーマルマル)

調査期間:2011/11/18
アンケート対象:フレッシャーズ マイナビスチューデント
有効回答数288件(内、男性:122名 女性:166名/ウェブログイン方式)