来年入社のフレッシャーズは「裏方世代」!? 2012年卒新人実態調査。

写真拡大

来年入社してくるフレッシャーズの学生さんは、どのような人たちなのか。入社を待っている先輩社員はもちろん、自分たちがどういう意識を持った世代なのか本人たちも気になるところです。そこで、来年社会人となるフレッシャーズの女性200名、男性148名のみなさんにアンケートにご協力いただきました。

なでしこジャパンが女子W杯で優勝し、男子代表のブラジルW杯予選でも、最終予選進出が決まり、今年はサッカーが大いに盛り上がりました。そこで、コチラの質問。

【自分の性格をサッカーのポジションでたとえると?】

【男性】
がんがん攻める、フォワードタイプ......10.8%
バランスをとる、ミッドフィールダータイプ......35.1%
縁の下の力持ち、ディフェンダータイプ......39.9%
みんなの司令塔、キーパータイプ......3.4%
我関せず、ベンチから見ているタイプ......10.8%

【女性】
がんがん攻める、フォワードタイプ......8.0%
バランスをとる、ミッドフィールダータイプ......32.5%
縁の下の力持ち、ディフェンダータイプ......47.0%
みんなの司令塔、キーパータイプ......3.0%
我関せず、ベンチから見ているタイプ......9.5%


男女ともに「ディフェンダータイプ」が多い結果となりました。なでしこジャパンの熊谷選手や岩清水選手、男子代表の長友選手のように組織の屋台骨を支え、安心を与えられる人材がそろっているようです。次いで多いのが「ミッドフィールダータイプ」。その二つを合計すると女性は8割近く、男性でも7割を超える結果となり、全体としての傾向は地味な役割も組織のために黙々とこなす「裏方世代」といえそうです。
その一方で気になるのが、「我関せず、ベンチから見ているタイプ」と答えた人が1割近くもいること。人に興味がないのか、うまくなじめないのか、一匹狼の多さが目立ちます。10人に一人の割合で一匹狼とすると、30人のクラスなら3人も一匹狼がいる計算に。SNSなどで気軽に人とつながれるだけに、無理をしてまで人の輪に加わる必要はないということでしょうか。ちなみにmixiには「一匹狼」のコミュニティがありました、たとえ一匹狼でも仲間の存在は大切なのですね。
さらにこの世代を知る上でこんな質問もしてみました。

【体育会系のノリ」と「文化系のノリ」どちらが得意?】
【男性】体育会系のノリが得意だ......35.8% / 文化系のノリが得意だ......64.2%
【女性】体育会系のノリが得意だ......36.0% / 文化系のノリが得意だ......64.0%

【個性的であることが、協調性を重んじることよりも大切だと思う?】
【男性】YES......43.9% / NO......56.1%
【女性】YES......27.0% / NO......73.0%

文化系がフレッシャーズの主流ではあるものの、「体育会系のノリが得意だ」と答える人が1/3を超える、という結果になりました。しかし最近の学生スポーツを見ていると、昔から続く体育会系の没個性、封建的な空気のチームよりも、個性を大切にする和気あいあい的なチームが増えていると感じます。そういう環境で育った人たちの「体育会系のノリ」と、先輩には絶対服従、封建的な昔の「体育会系のノリ」とは変わってきているのかもしれません。

今回のアンケート、全体の傾向としては「裏方」が多く「文化系」で「協調性を重んじる」という結果に。とはいえ、どちらかに偏りすぎるということもなく、来年の新入社員は、周囲の個性を認め協調しながらも組織の裏方として潤滑油となり屋台骨となる活躍をしてくれそうですね。

文●オリス(ニーマルマル)

調査期間: 2011/11/18〜2011/11/25
アンケート対象:マイコミフレッシャーズ会員

有効回答数 348件 女性200件/男性148件 (ウェブログイン式)