卒業記念の「メモリアルヌード」、あなたなら撮りますか?

写真拡大

「きれいなうちに自分の体を写真に残しておきたくて」というのは芸能人がヌード写真を発表するときによく聞くセリフ。しかし、最近は一般の女性からも「今の姿を残しておきたい」と、アート性の高いヌード撮影の需要が増えています。今年4月にオープンした、女性による女性専門フォトスタジオStudio IVY(スタジオ アイビー)。オープン以来、密かなブームに一般女性からの予約が増え、今や撮影は2週間待ちという状態になっているそうです。どんな方がヌードを撮影しているのでしょうか。また、撮影はどんな雰囲気で行われているのでしょうか。撮影コーディネーターの今村文さんに実情を伺いました。

【どんな人がメモリアルヌードを撮るのですか?】
「メモリアルヌードを撮りたいという方は30代〜40代前半が中心ですが、20代や50代の方からの需要もあります。理由は人それぞれですね。」と今村さん。今まで撮影された人にはこんな理由があったそうです。

・若くてきれいな体のうちに記念として残しておきたい
・妊娠初期で、妊娠・出産して体型が変わってしまう前に今の自分を撮っておきたい
・妊娠した自分の姿を残しておきたい
・乳がんの手術が決まり、乳房を切除する前に傷のない自分の姿を残しておきたい

女性の体は年齢とともに大きく変化するもの。特に出産というイベントでは劇的に体が変化します。メモリアルヌードを撮りたいという人が多い30代〜40代前半は、まさにその変化に直面する時期ですよね。また30代になって自分の体の老化を感じ始めたころに決断するなど......。理由はさまざまですが、みなさんに共通しているのは「今の自分の体はいっときのものでしかない」という思いなのではないでしょうか。

【実際の撮影現場はどんな雰囲気なのでしょうか?】
「当スタジオではカメラマンも含め全員女性です。男性の撮影や同伴以外の男性のスタジオ入店はお断りしています。完全予約制のため、他のお客様と顔を会わせることもありません。どうしたら美しく見えるのか、カメラマンと私たち撮影コーディネーターが一緒に考えながら撮影しています。ほとんどの方がリラックスして撮影に臨まれていますよ。」と今村さん。

【あなたはヌードを撮ってみたいですか?】
こういったヌードの存在を若い世代は知っているのでしょうか? 大学生300名を対象に「一般女性が記念に撮る、アート性の高いヌード写真があることを知っていますか?」とアンケートをとったところ68.7%が「知らない」と答えました。また、実態が分からないためか、「ヌード撮影」という言葉に抵抗感を抱く人がかなり多い印象でした。

しかし、少数派ながら「撮ってみたい」という人からはこんな意見もありました。
「体が衰える前に、一番美しい今の私を保存しておきたい」(21歳/女性/4年制大学)
「自分のきれいな姿を残すことはすてきだと思う」(22歳/女性/4年制大学)

記念として残すものだから、せっかくなら自分がもっとも美しい時期に撮っておきたいですよね。今のところ女子大学生からはあまり需要がないメモリアルヌードですが、卒業記念の一つのイベントとして撮ってみるのもいいかもしれません。


●取材協力:
Studio IVY(スタジオ アイビー)
撮影コーディネーター 今村文
http://www.studio-ivy.jp/
文●田中佑子(エフスタイル)

調査期間: 2011/9/9〜2011/9/29
アンケート対象:マイコミフレッシャーズ会員
有効回答数 300件(ウェブログイン式)