寒さはダンスでしのげ!? 学生の節約頑張り術

写真拡大

アルバイトをしていると、「850円のランチを食べたら、1時間分の労働時間と引き換え!」のようなお金に対する強い意識が身に付くもの。そんなシビアな金銭感覚の学生に、これまでチャレンジした節約方法を聞いてみました。それぞれ何かを我慢して工夫しているようすが伺えますが......実際のエピソードを見てみましょう。

【塵も積もれば山となる 毎日のランチで節約】
●売店の弁当や食堂は高いので昼飯にレトルトカレーを食べ続けた。後輩たちからカレー好きと思われているが、実はそうでもない......。(男性/商社・卸業界内定/一人暮らし/24歳)

●2年間ほど、毎日昼飯は60〜80円のパン一つです。(男性/医療・福祉業界内定/実家/25歳)

●昼食の安さと満腹度を追究した結果、特大コッペパンとホットケーキを毎日食べ続けていた。先輩にそれでは栄養が偏っていると言われたので、途中からは一番安い小さなサラダも付けるようにした。(女性/運輸・倉庫業界内定/実家/24歳)

やはり節約しがいがあるのは毎日のランチ代。安く済ませたいところですが健康を害しては元も子もありません、先輩の言うように栄養の偏りには注意しましょう。


【寒くても、疲れても......体をはって節約!】
●自室では決して空調を使わず、夏は保冷剤を包んだタオルを首に巻き、冬はダンスをして体温を上げたり、とにかく着込んだりして乗り切りました。(女性/金属・鉄鋼・化学業界内定/実家/22歳)

●昔電車で通学していたのですが、定期代がかさむので、原付バイク通学に切り替えたら交通費が1/3に! さらに通学時間も短縮でき、まさに一石二鳥♪ でも片道1時間近く原付バイクに乗るので、お尻が痛くて仕方ありません......。(男性/印刷・紙パルプ業界内定/実家/23歳)

冷暖房の快適さや、交通機関の便利さと引き換えにお金を節約した例。こちらもダイレクトに体に影響が出る結果に。ここまで頑張れるのは若さゆえかもしれませんが、学生の皆さん、どうぞ体を大切に......。


【有難い! 周りの人との助け合い節約】
●「お金がない」といつも先輩からの飲み会の誘いを断っていたが、そのおかげで(?)よくごちそうしてもらえました。(女性/その他業界内定/一人暮らし/22歳)

●研究室の同期同士で、お昼ご飯に米を炊いていた。(女性/金属・鉄鋼・化学業界内定/一人暮らし/21歳)

人とのつながりでお金が浮いたお話です。頼りになる先輩のありがたみが身にしみますね、いつか恩返しを! ご飯が炊ける研究室というのは、共同生活のようで絆が深まりそうですね。

中には、「友人と遊びに行くとお金を使ってしまうので、1カ月間『友達断ち』をして休日は家で過ごすようにした。(女性/生保・損保業界内定/実家/21歳)」という声もありましたが、交際費の負担を考えるとそれはそれでうなずける話。ただ、友達との貴重なコミュニケーションがなくなってしまうという点で、やはり犠牲にしているものがあるようです。


学生たちの節約術、いかがでしたか? 稼いだお金を大切に使うため、あなたが実践している節約方法も教えてくださいね。


文・西井 桃(ニーマルマル)
調査期間:2011/11/18〜2011/11/24
アンケート対象:フレッシャーズ マイナビスチューデント
有効回答数 334件(内、男性:146名 女性:188名/ウェブログイン方式)