任天堂の宮本茂氏「引退」を語る

写真拡大

「任天堂の宮本茂氏「引退」を語る」の写真・リンク付きの記事はこちら

カリフォルニア州レッドウッドシティ発――『スーパーマリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』を生み出した宮本茂氏(59歳)は、Wired.comに対し、任天堂の現在のポジションから身を引いて、しかし任天堂にはとどまり、もっと規模の小さい個人のプロジェクトに取り組むと語った。

任天堂のゲームデザイン部門のトップである宮本氏は、Wired.comの独占インタヴューで、『スーパーマリオ 3Dランド』や『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』(いずれも2011年)のような、規模の大きいゲームの開発を統括する立場を離れると語った。社内の若いデザイナーにバトンを渡して、自分は、完成にそこまで時間がかからないプロジェクトに取り組むのだという。

「私は以前から社内で、自分は引退するぞ、引退するぞと言ってきたんです」と宮本氏は通訳を通して語った。「全てのゲーム開発から手を引くわけではなく、現在のポジションから引退するという意味ですが」

「自分が本当にやりたいことは、もう一度自分自身で、ゲーム開発の最前線に入りたいということです」と宮本氏は言う。「おそらく、若い開発者と一緒にもっと小さなプロジェクトに取り組む。あるいは、本当に自分ひとりでできる何かにも関心があります。とても小規模なものです」

2012年にプロジェクトを開始して、年内にゲームを公開できたらいいと考えている、と宮本氏は話す。「言い換えれば、開発に5年もかかるようなものには関心がないのです」



宮本氏は、アーケードゲームの『ドンキーコング』(1981年)をはじめとする数々の作品で、任天堂を世界中で有名にした。影響力と創造力が世界一のゲームデザイナーだと広く認められている。マリオシリーズとゼルダシリーズの、評価の高い2011年の作品でスタッフがよい仕事をしたので、自分は両シリーズの統括から気持ちよく離れられる、と同氏は語った。

「こんなことを言うのは、現在のチームにしっかりとした手応えがあるからです」と宮本氏は説明する。任天堂オフィスのインタヴューを行った部屋で、ロゴが入った『スーパーマリオ 3Dランド』や『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』の幕を指さしながら、「こんなものやあんなものを作れる、任天堂の社内開発者を育てることができました」と語った。

宮本氏が若い開発者に「引退」を言い続けてきたのは、自分が常に存在し続けるわけではないというメッセージを伝えたかったからだ。「もし私が統括ポジションにいれば、私の考えを若い人たちが聞かなければならないという状況が続く。しかし、今よりもさらに成長する人たちが必要だ」

「とにかく、別のことをたくさん、いろいろやってみたい」と、宮本氏はいつもの謎めいた笑みを浮かべた。

『スカイウォードソード』や、米国のチームと行った『マリオカート7』の開発、3Dゲーム、携帯電話、ゲームの未来などについて宮本氏がWired.comに語ったインタヴューの全文[英語記事]は、来週公開する。

[なお、宮本氏「引退」発言を紹介した本記事が公開されたあと、任天堂の株価は一時下落し、同社は報道内容に誤解があったというコメントを行った

Wired.comは宮本氏にこれまでも何回かインタヴューを行っており、関連記事セクションで見ることができる。「主語のない」メールなど、社内における宮本氏の様子を紹介した日本語版記事はこちら。]

TEXT BY Chris Kohler
TRANSLATION BY ガリレオ -緒方 亮



【関連記事】
iTunes今年のベスト・アプリ:日本と米国
夜間撮影がとらえた不思議な世界:ギャラリー
タッチに最適化した雑誌風アプリ『Google Currents』
大砲実験事故の弾道をGoogle Mapsで確認
どの携帯でも使える「輪ゴム式マクロレンズ」