energy-ムサビ助手展
 
武蔵野美術大学美術館「energy ムサビ助手展」開催


武蔵野美術大学美術館では12月24日(土)まで、本学の各研究室に所属し、教育、研究の一翼を担っている助手による展覧会が開催されています。
今回は11学科42名の助手が関わり、造形メディアの多様性と新しい世代の可能性を表現した美術、デザイン全般に渡る制作、研究の成果を発表します。助手展は1975年からある歴史ある企画展です。
本展では、出展者の多様な専門領域に対応した研究発表の場の創出が目的とされ、助手の活動を総体的に伝えるために「energy」というキーワードを掲げています。教育現場の最前線かつ、社会との接点である美術大学で日頃研究に励む助手が「energy」に向き合いながら生み出される作品の数々は、私たちが生きている現代を象徴しながらも、現状確認に陥ることなく、その感性豊かな創造力によって新しい社会の可能性を提示してくれることでしょう。

出展作品
 
energy ムサビ助手展
energy: Research Associate Exhibit ion

会 期 :2011年11月28日(月)〜12月24日(土)・入場無料
会 場 :武蔵野美術大学美術館展示室1・2
時 間 :10:00〜18:00 ※土曜日は17時閉館
※日曜・祝日・12月23日(金)休館
http://musabi.ac.jp/ra/energy/