全米ナンバーワンのベッドマットレスブランド「Sealy」を展開するシーリージャパン(西村秀之社長)では、マットレス、ベッドフレーム、寝装品などの商品ラインナップを2012年1月より全面的に刷新し、最新コイルを採用した「チタンコレクション」マットレスを発売することに加え、米国規格と日本規格が混在していたサイズ展開を、日本規格に統一するほか、ベッドフレームも、引き出しつきなど脚周りのバリエーションを増強する。
「チタンコレクション」マットレスは、同社の最新コイル「タイタニウムコイル」と、新しい詰め物層「コアサポートセンター」を採用した新シリーズ。「タイタニウムコイル」は、従来の「ポスチャーテックコイル」をベースに、微量のチタンを含有させ、巻き数を従来の5巻から5.5巻に増やすことで、耐久性とソフト感を高めたもの。「コアサポートセンター」は、横たわった際に最も荷重がかかる腰の部分をサポート。マットレス中央部にポリウレタン製の詰め物層を追加するとともに、表面のキルティングも密にして、腰へのサポート力を高めている。
また、脚周りバリエーションについて、これまで同社では、ホテルで一般的なダブルクッションスタイルを中心に展開してきたが、今回の改訂では、全14種類のうち10種類に、ノーマル、ドロワー(引き出しつき)、ダブルクッションなどから選ぶことが出来るようになったほか、節電需要で注目のLEDを間接照明のようにヘッドボードに組み込むなど、これまでにない照明つきベッドフレームもラインナップした。