韓国「バーガーキング」のCMがあきれるほど気持ち悪い件

写真拡大

以前、ドイツのマクドナルド(以下:マクド)のCMが、バーガーキングに対して皮肉たっぷりであることをお伝えした。CMとしては大変秀逸なのだが、日本ではお目にかかれないような痛烈な皮肉が込められている。

一方のバーガーキングなのだが、最近海外のインターネットユーザーの間で、韓国のCMが話題となっている。良い意味で話題となっているのであれば良かったのだが、このCMはお世辞にも素晴らしいとはいえない。むしろ、あきれるくらいに気持ち悪いのである。

問題のCMは、2007年にYoutube上に公開されたものだ。投稿したユーザーは、動画の雰囲気から「Japanese commercial」と説明しているのだが、登場人物の背後にハングルがうつっているので、韓国のCMと見て間違いはないだろう。

そして内容はというと、バーガーキングのトリプルワッパーを持ち帰り、会社の食堂で食べようとした男性が、席を外した隙に、他の人物に食べられてしまうというものだ。盗み食いした人物は、ヘビのように床をズリズリと這いずり、なんとハンバーガーを丸のみしてしまうのである。

その姿は、見ていて気分が悪くなるほど気持ちが悪い。「これがハンバーガーのCMか!?」と思わず声を上げたくなるほどだ。

おそらくこのCMは、すでに放映されていないと思われる。きっと話題にはなったと思うのだが、CMが売り上げに貢献したとはおよそ想像できないのだが、実際はどうだったのだろうか……。

参照元:Youtube Dragon0fw1nd

この記事の動画を見る