2日、台湾最年少アイドルのキャンディー・シューをテーマにした美少女コンテストが、SNSサイトのフェイスブック上でスタートした。

写真拡大

2011年12月2日、台湾最年少アイドルのキャンディー・シュー(許雅涵)をテーマにした美少女コンテストが、SNSサイトのフェイスブック上でスタートした。Yes娯楽網が伝えた。

【その他の写真】

1998年生まれのキャンディーは、両親が共にジャズミュージシャンという音楽一家育ち。05年、中華電信(CHT)主催の歌謡コンテスト「MOD之星創作大賽」に出場し、6歳の時に作詞・作曲した作品で創作部門のグランプリを獲得。08年、エイベックス台湾から史上最年少歌手としてデビューし、サックス演奏もこなす天才美少女アイドルとして人気を集めている。

優等生アイドルのキャンディーの2世を求めて、このほど美少女コンテスト「第1回 許雅涵美少女才芸大賽」がフェイスブック上でスタート。12月29日まで1カ月かけて開催され、多芸多才なキャンディーにあやかって、音楽やダンスなどの一芸を動画で披露し人気投票を行うもの。すでに数多くの美少女たちが応募し、その動画も話題になっている。

コンテストを主催するキャンディーの所属レコード会社・漂兒音楽(PureMusic)によると、優勝者だけでなく10位入賞者にもキャンディーとテレビ共演し、タレントへの道が開ける可能性も。第1回の盛況ぶりから、今後も毎年開催を予定している。(翻訳・編集/Mathilda)