京都精華大学マンガ学部、2013年に「ギャグマンガコース」新設 “笑いのセンス”磨く

写真拡大

京都精華大学は12月1日(木)、マンガ学部に「ギャグマンガコース」を新設すると発表しました。教員には、編集者の竹熊健太郎さんや、マンガ家のひさうちみちおさん、おおひなたごうさんを迎えるとのこと。開設は2013年4月です。

「精華大、ギャグマンガコース設立 」の写真・リンク付きの記事

▽ マンガ学部最強化!! 京都精華大学

▽ 京都精華大学:インフォメーション:トピックス&ニュース:マンガ学部に「ギャグマンガコース」「キャラクターデザインコース」開設(2013年4月)

ギャグマンガコースは、漫才やコントの台本からマンガを描く、大喜利やコメディ映画からギャグのパターンを研究するなど、さまざまな“笑い”を学ぶコースです。マンガ学部の特設サイトでは、同コースの概要や4年間のおおまかなカリキュラム、教員などを紹介しています。

京都精華大学は、ギャグマンガコースで学ぶ“発想力”について、エンタテインメント業界やクリエイティブ業界などでも活かせるとしています。

京都精華大学では、2006年に日本初となるマンガ学部を設置、2012年4月に大学院マンガ研究科博士後期課程の開設を予定しているなど、マンガ教育に取り組んでいます。2013年4月にはギャグマンガコースのほか、「キャラクターデザインコース」も新設します。入学試験に関する情報は、2012年5月に公開される予定です。

関連エントリー