「クリエイションギャラリーG8」と「ガーディアン・ガーデン」で開催中の「印染トートバッグ展」/※写真は福島の伝統工芸・赤べこをモチーフにした箭内道彦の作品

写真拡大

東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティー展「印染トートバッグ展」が、11月24日から12月22日(水)まで「クリエイションギャラリーG8」と「ガーディアン・ガーデン」(中央区・銀座)で開催中だ。

【画像を見る】個性的なデザインぞろい! 180人のアーティストがデザインした作品を一部公開

同ギャラリーを運営するリクルートが企画したこの展示会は、1990年から開催され、今回で21回目を数えるチャリティー展。毎年、ギャラリーと交流のあるクリエーターがボランティアで制作した作品を展示・販売し、収益金をユニセフへ寄付してきたが、今年は3月11日に起きた東日本大震災の復興を目的に行われている。

展示しているトートバッグは、箭内道彦や新村則人といった180人のクリエイターがデザインし、被災した4県(岩手、宮城、福島、茨城)にある18の染色工房で制作されたもの。「被災地の方たちに仕事を依頼し、一緒に物作りをすることで地元の産業を応援できたら」(広報担当者)との思いから発注され、“赤べこ”や“大漁旗”をモチーフにしたもの、“脱原発”へのメッセージが描かれた図案などを職人がひとつひとつ手で染め上げた。

「印染(しるしぞめ)」とは、大漁旗や法被、のれんなどに文字や図案をオーダーメードで染め上げた染物のこと。平安時代から続く伝統工芸で、日本でも有数の漁港がある岩手や宮城では、海の安全や豊漁を祈願して大漁旗を手掛ける工房が数多く点在している。

「180人のデザイナー、イラストレーター、アーティストの個性溢れるデザインを、岩手、宮城、福島、茨城の印染職人さん達が一つ一つ心を込めて染めてくれました。多くの人に見てもらい、トートバッグを使ってもらうことで復興の手助けになればと、そんな願いを込めた展覧会です」(広報担当者)。

なお、このトートバッグ(6000円 ※送料込み)は購入可能。現在、会場とギャラリーサイトの通販のほか、電話やファックスでも予約注文を受け付けており、販売収益金は被災地への義援金として寄付される。

“復興”というひとつの願いでつながった180人のクリエーターと印染職人たちのトートバッグ展。この機会に、彼らの思いと印染の美しさを感じてほしい。【東京ウォーカー】

【関連記事】
どこまでも脱力しきった癒やしキャラ「無気力フレンズ」が話題 (東京ウォーカー(全国版))
伝説の航空会社が“復活”「ブラニフ」のトラベルグッズ発売へ (東京ウォーカー(全国版))
ローランド社の“不滅の名機”「TR-808」がバッグに! (東京ウォーカー(全国版))
まるでアニメか漫画!? “だまし絵”風のデザインバッグ (東京ウォーカー(全国版))
寒い冬もポカポカ! ハンドウォーマーになるバッグ「フェザールー」 (東京ウォーカー(全国版))