インテリアの知識?窓
 
生活にかかせないインテリア。インテリアの知識が多いほどそのコーディネイトの幅も広がります。「インテリアの知識」では、お部屋のレイアウトやマイホームを建てるさいに役にたつ、インテリアの基礎知識をご紹介します。第1回目は「窓」についてです。
 
窓とは皆さんもご存知のとおり、部屋や廊下などの建物の外壁部分や屋根などに設けられた、採光や換気のための開口部のことです。家の中は、もちろん公共施設や乗り物の中、あらゆる場所に設置されており種類も多種多様です。では、お部屋に設置される窓にはどのようなものがあるのでしょうか?



窓 

引違い窓



引違い窓

ガラス戸をスライドして左右に開閉するもっともポピュラーな窓。障子の開け方で風通しを上手に調節できます。
 
 
片引き窓


 
片引き窓
片方がFIX窓で片側の障子が動く窓です。FIX窓が窓の右側か左側かで勝手違いが生じます。
 
 

FIX窓 
 
FIX窓
窓が開かないはめ殺し窓です。換気を必要とせず、採光や眺望を目的として用います。円形などデザイン、大きさはさまざまな種類があります。
 
 
 
上げ下げ窓
 
 
上げ下げ窓
ペアになった二枚の板を垂直のレールにはめ、ワイヤなどで連結し、連動させて上下に動かす窓。片方を引き下げるともう片方は上に移動する。開閉に場所を取らない利点があります。
 
 
 
縦すべり出し窓
 

縦すべり出し窓

上下の枠に設けられたアームに支えられたガラスが、枠にそって外に移動し回転するように開閉。障子の角度によって風を調節できます。直角近くまで開くので外側の掃除が容易です。
 
 
 
 横すべり出し窓
 
横すべり出し窓
左右の枠に設けられたアームに支えられたガラスが、枠にそって外に移動し開閉。障子の角度によって風を調節できます。直角近くまで開くので外側の掃除が容易です。
 
 
 
 
片開き窓
 
 
片開き窓
欧米で一般的な窓のタイプの1つ。窓枠の左右どちらかを軸として、内側(室内側)か外側に窓を開けるタイプ。開閉角度が調整でき、通風・採光に有効です。
 
 
 
 
内倒し窓
 
 
内倒し窓
ガラスを室内側に倒して開く窓。大きく開閉しないので、窓からの落下防止にすぐれ、また不透明なガラスにすると、室内を覗かれにくい利点があります。
 
 
 
外倒し窓
 
外倒し窓
障子を室外側に倒して開く窓。排煙窓として高所に使用され、オペレーターの遠隔操作で開閉します。「押出し窓」ともいう。外に向かって空気が流れやすいため、排煙や湿気をスムーズに外に逃がすことができますが、雨が室内に入りやすい難点があります。
 
 
 
ルーバー窓
 

ルーバー窓(ジャロジー窓)
細長い何枚ものガラス板やアクリル板などをブラインドのようにして構成されてる窓。ハンドルで連動して開閉させるため、通風や換気に優れ、目隠しにもなるのでトイレや浴室などに用いられます。断熱性が非常に悪いため、主に温暖な地域で使われています。
 

 
オーニング窓
 
 
オーニング窓
複数のガラスをハンドル操作で同時に動かし開閉する窓。ガラス1枚ずつに窓枠があるため、気密性、防犯性がルーバー窓よりも優れています。またハンドル操作で、0度〜50度まで無断階に調節できるのも特徴の1つです。
 

 
出窓
 
 
出窓
建物の外壁より外側に張り出した窓。室内からの眺望と外観のデザイン性にすぐれた窓です。外観デザインには、弓型、台形、角型などがあります。
 
 
 
トップライト
 
 
トップライト(天窓)
屋根につける窓。小さな面積で光をたっぷり採り入れることができます。通風性にすぐれた開きタイプと採光用のFIXタイプがあります。ルーフウィンドゥともいいます。
 
 
 
折り戸
 

ウォールディングドア
折れ戸(2枚以上の扉を蝶番で連結して、開いたときに折り畳む形になる戸)のような窓。室内と庭などオープンエアとの一体感を味わえます。
 
 
 
ここでは、おおまかにご紹介しましたが、他にもたくさんの窓の種類があります。お部屋のアクセントでもあり重要な役割を担っている窓。用途に合わせて最適な窓を選びましょう。次回は窓の取り付け位置をご紹介します。 
 
役に立つ!! 国内 窓・サッシ・シャッターメーカーリンク集はコチラ>>


 
 
 
 





K&Yインテリアデザインスクール
 
インテリアデザインの知識を身につけるなら
K&Yインテリアデザインスクールへ 
http://www.kandy.ne.jp/