難読漢字もスラスラ覚える“語呂合わせ”

写真拡大

 「ナクヨ(794)うぐいす平安京」
 「ハクシ(894)に戻す遣唐使」
 
 といった具合に、歴史の出来事を覚える際に重宝するのが語呂合わせですが、この技術、とにかくいろんなものを覚えるのに使えます。
 祥伝社から出版されている『マンガでかんたん!暗記丼』(後藤裕之/作、後藤那美/画)は、人気ゲーム『ことばのパズル もじぴったん』などの作品で知られるゲームクリエイター・後藤裕之さんが、難読漢字から日本・世界の地名、歴代総理大臣の名前、あのヒット作品まで、あらゆるものの語呂合わせを4コママンガでレクチャーする一冊。
 その一部をのぞいてみましょう。

■難読漢字はこう覚えよう
☆魚へんの漢字
師匠、久しぶり = 鰤(ぶり
思ったよりえらい! = 鰓(えら
尊敬してます! = 鱒(ます
老いた日は悲恋 = 鰭(ひれ
付き合って不仲 = 鮒(ふな

■日本の地名も軽々と
☆日本の湖の面積 ベスト5
「ビアー確認しながら皿も根回ししろ、中身」
→ビアー(琵琶湖)確認しながら(霞ヶ浦)皿も(サロマ湖)根回ししろ(猪苗代湖)、中身(中海)

☆日本の山の高さ ベスト5
「富士山来ただけ、奥掘ったが、安易なやり方」
→富士山(富士山)来ただけ(北岳)奥掘ったが(奥穂高岳)安易な(間ノ岳=あいのだけ)やり方(槍ヶ岳)

■歴代首相もコンプリート
☆初代から10代目までの歴代総理大臣
「伊藤君のクローンが山形で見つかった。伊藤君が見つけた。」
→伊藤君の(1、伊藤博文)クローンが(2、黒田清隆)山形で(3、山縣有朋)見つかった(4、松方正義)。伊藤君が(5、伊藤博文)見つけた(6、松方正義)。

「伊藤君は大きなクマと、山形に居とる。」
→伊藤君(7、伊藤博文)は大きなクマと(8、大隈重信)、山形(9、山縣有朋)に居とる(10、伊藤博文)。

■身近な物のサイズだって
☆A4サイズの大きさ
「えぇ洋服な、ニット」
→えぇ洋(A4)服な(297ミリ)、ニット(210ミリ)=A4のサイズは縦297ミリ、横210ミリとなっています。

☆文庫本サイズの大きさ
「エロい文庫どこ? 必死やん」
→エロい(A6)文庫(文庫)どこ?(105ミリ)必死やん(148ミリ)=文庫はA6サイズ。縦が148ミリ、横が105ミリです。

 ちょっと無理やりなところもあるようにも思いますが、いろんな事柄を楽しく覚えられるのではないでしょうか。

 後藤さんは大学生時代の1995年に当時の世界記録となる円周率42,195桁を暗唱、ギネスブックにも掲載されたことがあるのですが、本人曰くもともと暗記は苦手だったそう。しかし、覚えたい内容を自分が知っていることに置き換え、語呂合わせを作って覚えることで、暗記に対する苦手意識を払拭できると言います。
 また、本書を読んでコツをつかんだら、自分で覚えたい知識の語呂合わせを作っていくのも良いでしょう。是非、自分で語呂合わせを考えて、楽しく知識を身に付けてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部/金井元貴)



【関連記事】 元記事はこちら
“ダメ人間”だった歴史上の偉人たち
辛口の横浜批評
「HONDA」のバイクじゃなく、「HUNDA」のバイクが走る国
脳は年齢をサバ読みすることで成長する