2013年新卒の就職活動がスタートした。大手就職情報サイトのオープンもこの日に合わせていたことから、学生からのアクセスが殺到し、現在も接続できない状況が続いている。

 今年から経団連の就職協定で、昨年より約2カ月遅れの12月1日が会社説明会の解禁となり、2013年新卒の就職活動がスタートした。このため、就職活動の日程が、大手企業では内定獲得まで約4カ月という短期決戦になることが予想される。

 解禁日の今日、学生らが一斉に登録に動いたため、就職情報サイトにはアクセスが集中し、リクナビ、日経就職Naviがアクセスできない状況になっている他、マイナビは画面表示が遅くなるなどの影響がでている。


日本経団連「採用選考の倫理憲章」に賛同する会員企業は834社
就職内定率 依然として低水準
大学生の学力低下は本当か

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。