ナイスマンホ!な商店街 その1 埼玉県川口市 川口銀座商店街 樹モール

写真拡大


さて今回は、マンホール蓋にこだわった商店街をご紹介したいと思います。これまた私の師匠の「駅からマンホール」さんのブログで見かけて撮影にでかけました。

川口銀座商店街

駅のそばにどこにでもある商店街。。。日本中どこにでもある商店街なんですが、マンホーラーにとっては一度は訪れるべき商店街があります。その場所はJR川口駅からすぐそばの川口銀座商店街。通称「樹モール」です。


川口市の色蓋 気球(2011年3月撮影 以下すべて同じ撮影日)
なんと、こんな感じで商店街の中に見事なタイルでデザインされたマンホール蓋があるんです。

デザインも豊富で、以下のような種類があります。





気球






トンボ


ヤマユリ


太陽



アップです。
このように他の町のマンホール蓋と違った、手作り感があふれるマンホール蓋なんです。ところどころ、タイルがかけていますが、それもまた味かなぁと思います。

で、実は同じデザインでも色違いもあるので、二つほどご紹介します。(上記すべての蓋の種類に色違いがあるのですが、ここでは二つほど。)






気球

どれも素晴らしい色合いですね。この商店街をちょっと歩くだけで、かなりのデザインのマンホール蓋が撮影できますので、とてもお勧めです。

撮影時の注意事項


とても綺麗なデザインの蓋達ですが、この商店街は繁盛していますので、かなりの人通りがあります。撮影している時にも人通りがたえません。くれぐれも邪魔にならないように撮影しましょう。


私の撮影方法は、立ち止まって動かないことです。ポイントは撮影後すぐに動かずに、まわりを確認してから、歩くようにしています。そうしないと、、、ぶつかってしまいますからね。まあ一番良い方法は、早朝に撮影に出かけることですが、、、なかなか。

ということで、川口銀座商店街。通称「樹モール」のタイルタイプのマンホール蓋をご紹介してきましたが、川口のこだわりはまだまだ続きます。そのこだわりもそのうちご紹介しますね。





■関連記事
消滅。
デパートの屋上の外蛇口
電車がすぐそばを走る場所としてロケでもよく使われる駿河台と水道橋を結ぶ眺望坂
皆既月食とスカイツリーを撮ってみた
あなたの知らないデンリョクの世界(その1)