kurkkuとモード学園、ゴミ拾い活動green birdのユニフォーム制作

写真拡大

 小林武史氏が率いるプロジェクトブランド「kurkku(クルック)」と、街のゴミ拾い活動等を行っているプロジェクト「green bird(グリーンバード)」、そしてモード学園の3者共同により、「green bird 限定ユニフォーム」が制作された。モード学園の学生による応募作品の中からデザインが決定。11月28日に東京・神宮前で贈呈式とゴミ拾いが行われ、新しいユニフォームを初披露した。

kurkku×モード学園のゴミ拾いユニフォームの画像をもっと見る

 「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに街のゴミ拾い活動等を行う原宿表参道発信のNPO法人「green bird」の「限定ユニフォーム制作プロジェクト」は、「サステナブルな未来に向けた暮らしを実践する」プロジェクトブランド「kurkku」と、学校法人モード学園との共同プロジェクト。原宿・表参道エリアで事業展開を行う「kurkku」が、同エリア発で活動している「green bird」をサポートする一環として、限定制作ユニフォームの寄付を行うことからスタートした。学校法人モード学園(東京モード学園・HAL東京)の協力にて学生視点のデザインを採用することで、同世代の若者に「green bird」の認知を広め、同時にデザインを学ぶ学生達の作品の発表の場をつくることを目的としている。

 「green bird」限定ユニフォームは、モード学園の学生が制作した応募作品の中から、「東京モード学園」ファッションデザイン科に通う関谷彩百合(セキヤサユリ)さんのデザインが採用された。素材は、「kurkku」と伊藤忠商事 繊維カンパニーの共同プロジェクトであるインドのオーガニックコットン畑を広げるためのサポートを行う「プレオーガニックコットンプログラム」のコットンを使ったLee Japanのインディゴデニム。「green bird」のコンセプトに基づき、関谷さんの「使えば使うほど個性の色が出てくるデニムで自由に着こなしてもらいたい」という考えから裾は断ち切りで斜めにカットされ、「純白の心が向上していくように」という思いからハートマークや上向きの矢印がプリントされている。11月28日の初披露とともに、「kurkku」から「green bird」に300枚のユニフォームを贈呈。新ユニフォームによる初のゴミ拾いは、原宿・神宮前から青山まで表参道沿いを中心に行われた。

「green bird」のロゴマークをプリント。

裾は断ち切りで斜めにカットされ、

使えば使うほど個性の色が出てくるデニムを使用し、裾は断ち切りで斜めにカット


   グリーンバードのロゴはそのままに、「きれいな街は、人の心もきれいにする」
   というコンセプトから純白のハート(心)が向上していく様子をデザイン。
   掃除をしていると、後ろ姿がよく見られると思ったのでバックスタイルに
   green birdと、keep clean,keepgreen のロゴを格好良くスタイリッシュに表現しました。

kurkku・green bird・モード学園 共同プロジェクト

green bird「限定ユニフォーム」が誕生

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


「サステナブルな未来に向けた暮らしを実践する」プロジェクトブランド「kurkku」を運営する、
株式会社クルック(本社:東京都渋谷区 代表取締役:小林武史 以下、kurkku)と、
「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに街のゴミ拾い活動等を行う
原宿表参道発のNPO法人green bird(東京都渋谷区 理事長:長谷部健 以下、green bird)、
学校法人モード学園(東京都新宿区 常務理事:青木稔 以下、モード学園)は、
2011年2月に共同開催したgreen birdが街でゴミ拾い活動を行う
「限定ユニフォーム制作プロジェクト」から生まれた、
green bird「限定ユニフォーム」を発表いたします。


この度のユニフォームデザインは、モード学園の学生が制作した応募作品の中から、
東京モード学園 ファッションデザイン科 関谷彩百合さんのデザインが採用されました。
この「限定ユニフォーム」は11月28日、表参道で行われるgreen birdのごみ拾いで初お披露目いたします。


■ 贈呈式・ゴミ拾いスケジュール:2011年11月28日 17:00〜贈呈式 17:30〜ゴミ拾い ※雨天中止
               集合場所:原宿・神宮前 まちかど庭園(ラルフローレン前の広場・交番ヨコ)


■この度完成したgreen bird限定ユニフォーム
▼ 制作者:東京モード学園 ファッションデザイン科  関谷彩百合(セキヤサユリ)さん
▼ デザインコンセプト
   使えば使う程、個性の色が出てくるデニムを使用しました。
   裾は切りっぱなしで斜めにカットされています。
   どんな方でも着脱しやすい用、肩のところがスナップボタンになっています。
   グリーンバードのロゴはそのままに、「きれいな街は、人の心もきれいにする」
   というコンセプトから純白のハート(心)が向上していく様子をデザイン。
   掃除をしていると、後ろ姿がよく見られると思ったのでバックスタイルに
   green birdと、keep clean,keepgreen のロゴを格好良くスタイリッシュに表現しました。

※ 限定ユニフォームは、「kurkku」と伊藤忠商事 繊維カンパニーの共同プロジェクトであるインドのオーガニックコットン畑を広げるためのサポートを行う「プレオーガニックコットンプログラム」のコットンを使ったLee Japanのデニム生地から制作。


■green bird限定ユニフォーム制作プロジェクトとは
▼デザイン制作:学校法人モード学園(東京モード学園・HAL東京 の学生)
▼審査員:アートディレクター 寄藤文平
 株式会社クルック 代表取締役/音楽プロデューサー 小林武史
 NPO法人green bird理事長 長谷部健
 学校法人モード学園 理事 青木稔
 有限会社オープンクローズ代表取締役 新井正樹

 「green bird」限定ユニフォーム制作は、原宿・表参道エリアで事業展開を行うkurkkuが、同エリア発で活動を行う「green bird」をサポートする一環として、限定制作ユニフォームの寄付を行うことからスタート。新たに学校法人モード学園(東京モード学園・HAL東京)の協力にて学生からのデザインを募り、限定ユニフォームの制作が決まった。学生視点のデザインを採用することで、同世代の若者に「green bird」の認知を広め、デザインを学ぶ学生達の作品の発表の場をつくることを目的として実施された。

街頭活動時に学生と同世代の若者にgreen birdの活動を知ってもらいたいという想いと、デザインを学ぶ学生達の作品の発表の場をつくることを目的として開催。

学生から募ったデザインは、審査員としてアートディレクターの寄藤文平氏を迎え、
kurkku代表 小林武史・green bird理事長 長谷部健・学校法人モード学園理事 青木稔・
有限会社オープンクローズ代表取締役 新井正樹の5名で選考を行い、この度の完成に至りました。


■kurkku・geen bird・学校法人モード学園について

▼kurkku
音楽プロデューサー小林武史が代表を務める株式会社クルックが運営する
「サステナブルな未来に向けた暮らしを実践する」プロジェクトブランドです。
エコ・レゾナンス。略して、"エコレゾ"をコンセプトとし、人が日常でふと思うエコ意識、
「気持ちよく生きる」という意識を、共鳴・共振させて広げていく活動を展開。
インドのコットン農家のオーガニック農法への移行をサポートする
プレオーガニックコットンプログラムの企画、運営をはじめ、
自然の流れそのままに育てられた食材を楽しめるレストラン、
人が集うカフェとバー、肩ひじ張らない、ポジティブなエコ意識のレゾナンス(共振)を
体感するサイト「エコレゾウェブ」やデザインも良く環境にも良いモノを販売する
「kurkku online shop」等を運営。

<会社概要>
▼会社名:株式会社クルック
代表者名:代表取締役 小林武史
設立:2005年11月
所在地:東京都渋谷区神宮前2-18-21
事業内容:カフェ・レストラン事業、衣料・生活雑貨等の企画・製作・販売、
       ウェブサイト、オンラインショップ運営
URL: http://www.kurkku.jp


▼green bird
green birdとは、「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生した原宿表参道発信のプロジェクト。
"KEEP CLEAN. KEEP GREEN"を合い言葉に、個人や企業・団体などと共同で
「街のそうじ」を主な活動として展開している。表参道や下北沢、渋谷、歌舞伎町等、
国内外34チーム・参加者数のべ24,000人(2009年度)で活動を行っている。

<団体概要>
▼団体名:NPO法人green bird
代表者名:理事長 長谷部健
設立:2003年5月
所在地:東京都渋谷区神宮前6-35-3
事業内容:「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに、
   誰でも気軽に参加できる街のボランティア活動を展開
URL: http://www.greenbird.jp/

▼学校法人モード学園
「創造性開発」という教育理念を根幹とし、「ファッションのモード学園」
「IT・デジタルコンテンツのHAL」「医療・福祉の医校/医専」、
3分野の専門学校を運営する。東京・大阪・名古屋・パリに10校を展開し、
産学連携や学校間交流による実践的な授業で、視野の広い創造力とコミュニケーション力を育成する。
創立以来44年間、社会が求める人材を輩出し続けている。