「PS Vita」CMに瑛太&松田龍平、“遊んだら仲間だ”篇を順次放映へ。

写真拡大

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)が12月17日に発売する新しい携帯ゲーム機「PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ)」のテレビCMに、俳優の瑛太と松田龍平が起用されることがわかった。CM「遊んだら仲間だ」篇は、12月1日より全国で順次放映を開始する。

CMでは瑛太と松田が「PS Vita」を通して多くの仲間と触れ合う様子を表現。12月1日から放映される前編では、学校の校庭に投影された30メートル×16.8メートルの巨大スクリーンを大勢のエキストラが囲み、人気シリーズ「アンチャーテッド」の最新作をプレイする瑛太を応援するシーンが描かれる。

また、12月8日より放映される後編ではゴルフウェア姿の松田が登場。瑛太と「みんなのGOLF6」で対戦し、ギャラリーとなった大勢の仲間たちと、ゴルフ場さながらの一体感を醸し出している。

撮影現場では校庭に作り出した巨大スクリーンに瑛太も松田も大興奮。また、2人ともあまり訪れる機会がない学校に、懐かしさを感じているようだった。

プライベートでも交流がある2人はゲームを楽しむこともあり、“ゲーム上手”と自負する瑛太は、対戦すると松田にしばしば勝っているものの、実は松田はわざと負けてくれることが多いという。その余裕な感じが「本当の強さだ」と、瑛太が松田に感心するシーンも。松田は「みんなで楽しめないと、自分もおもしろくない」と自身のゲーム観を語っている。

「PS Vita」は、「PSP」の後継機となる新型ゲーム機。本体前面のマルチタッチ対応ディスプレイと、本体背面のマルチタッチパッドを組み合わせることで、「触る・つかむ・なぞる・押し出す・引っ張る」といった立体的な感覚の操作が楽しめるほか、位置情報を使ったコンテンツ、ボイスチャット、テキストチャットなども提供される。価格はWi-Fiモデルが24,980円(税込み)、3G/Wi-Fiモデルが29,980円(同)。