アメリカの『マリオカート7』のCMが面白そう 国内でもマリオカートは名作CMが多い?

写真拡大




国内で12月1日に発売が予定されている『ニンテンドー3DS』のアクションレースゲーム『マリオカート7』。こちら海外では数日遅れての発売となっており、アメリカでは12月4日の発売。そんな『マリオカート7』だが、当然のことだが各国のコマーシャルは異なっている。今回紹介するのはアメリカ版のコマーシャル。実写とCGの合成となっており、ゲームの臨場感を実際に味わえる内容になっている。

日本国内では嵐を使ったコマーシャルになっているが、『マリオカート』はこのような内容のコマーシャルの方がウケが良いのかも?

日本国内で過去に放送されていたナインティナインを起用した『マリオカートDS』のコマーシャルは、『YouTube』で話題となっており各国のユーザーがコメントをしている。初代『スーパーマリオカート』は「そんなバナナ」が話題になり、稲垣吾郎が出演した『マリオカート ダブルダッシュ』も同じく話題となった。もしかしてマリオカートは名作コマーシャルが多い?

Mario Kart 7 - US Commercial

※画像は『YouTube』より引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。